夜泣き

MENU

なぜ?赤ちゃんの夜泣きの原因

赤ちゃんの夜泣きで熟睡できないママのための原因と対策ガイド

子供が生まれると、そこからいろいろな出来事を体験していくことになりますよね。

 

そんな中でも多くの新米お父さんお母さんが壁に感じる赤ちゃんの夜泣きに関する問題ですが、そもそもなぜ赤ちゃんは夜中になると泣くのでしょうか。

 

泣く理由が分かれば・・・

理由が分かれば対策を考えることもできますし、なぜか泣くのかは知っておきたいところ。気になる夜泣きの理由なのですが、実は明確な理由というのはないことがほとんどです。

 

もちろんさまざまな要因から泣き出すこともあるのですが、理由もなく泣いていることの方が圧倒的に多いんです。期間や時間帯なども赤ちゃんによって変わるものなので、対策方法もなかなか簡単には見つけられないというのが夜泣きのまた厄介なところなんですね。

 

ですが、明確ではないにしろ赤ちゃんが夜泣きをするのには、大きく分けて2つの原因があるという風に言われています。なぜ泣いてしまうのか、改善方法を考えるためにも覚えておくといいでしょう。

原因1

ひとつ目の要因は「成人と違う睡眠サイクル」で、小さな子の睡眠サイクルというのは大人と比べて非常にアンバランスで不安定なものです。人が眠る時間である夜間をまだ夜間だと認識しないことで眠気は起こらず、それでも起きていても刺激が無いために刺激を求めて泣く、というのがこれです。

原因2

そしてもうひとつが「情緒制御不安定」。これは上の睡眠サイクルの不安定と似ているのですが、基本的に赤ちゃんはまだ睡眠が浅いために小さなことですぐ目を覚ましてしまうものです。

 

夜中にふと目を覚ませば不安を感じますし、その結果泣くというのがこれ。睡眠サイクルの不安定とこの情緒制御不安定は混在してしまう可能性が高いのですが、どちらの原因で泣いているかによって対策も変わってくるものですよね。

 

なので、まずは睡眠サイクルをしっかりと整えるために1日の行動を時間ごとに区切って子供に慣れさせるのがオススメです。徐々に慣れていけるように、じっくりと行うのがコツですよ。


そもそも夜泣きってどんなもの?

赤ちゃんはもちろん可愛いですが、夜泣きには本当に参ってしまいますよね。多くのお母さんが悩まされていると思います。そもそも夜泣きとはどのようなものなのでしょうか?

 

原因や理由、時期や時間帯などがはっきりと分かっていればいいのですが、よくよく考えてみると夜泣きについてちゃんと把握できていないことがほとんどですよね。「夜泣き」というのは、日本の育児書などでは「生後半年頃から1歳半ぐらいの赤ちゃんにみられる理由のない夜間の泣き」というように書かれていることがほとんどです。

 

お昼の間は元気に遊んでいたし特別機嫌が悪そうでもなかったのに、夜になると急に泣き出して何をやっても泣き止まない、という状態ですね。この時期の赤ちゃんにとっても多い状態をざっとまとめて「夜泣き」と呼ぶんです。

理由がない?

そして「理由がない」とあるように多くの場合、赤ちゃんはただただ泣いているだけ。痛いだとか苦しいだとか寂しいだとかのはっきりとした感情から泣いているのではなく、基本的には単に泣いているだけなのです。

 

また、夜泣きが始まる年齢やそこから続く期間、泣き出す時間帯といったことも赤ちゃんによってまちまちで、中にはほとんど夜泣きをしない子もいるんですよ。こればかりは、終わってしまうまで知りようのないことです。

 

このように、謎だらけでとても大変な夜泣きですが、永遠に続くわけではありません。しんどいのは今だけだと自分に言い聞かせ、根気よく付き合っていきましょう

精神的にしんどい赤ちゃんの夜泣き

ようやく出産を終えたお母さんたちを悩ませるのが、赤ちゃんの夜泣きです。産後すぐはまだ体力も万全ではない状態で慌ただしいというのに、なかなか寝てくれずに泣き声も止まない、といった状況は体力的にも精神的にも厳しい問題です。

 

お母さんの中でも初産の方であれば、特にしんどく大変な思いをすることでしょう。対策はいくつかありますが、それを全て実践したとしても赤ちゃんはすぐに泣き止んでくれるとは限りませんし、その子によって効果的な対策も違うものです。

 

眠れない日を何か月も過ごすことになればストレスで精神的に参ってしまいますよね。

簡単な対処法は?

夜泣きによって精神的に疲れてしまったときの対処法はないものなのでしょうか?手っ取り早く簡単なのは旦那さんや自分の親、兄弟などに赤ちゃんを預けて、じっくりと寝不足を解消できる日を定期的に設けることです。

 

ストレス発散のためにお友だちとショッピングに出かけたりすることもいいですね。

預けられるなら苦労はしない

ただ、簡単に預けられない状況にあるというような方もいるでしょうし、旦那さんが忙しい方であれば申し訳なくて預けられないということもあるでしょう。夜泣きの問題は、いろいろなところに気を使わなければならないのもしんどいところ。ですが、お母さんが疲れていると悪循環を繰り返すばかりですから、息抜きは大切ですよ。

 

また、お母さんの体力に余裕があるときには、お昼にあまり長く子供を寝かせ過ぎないようにして、外でたくさん身体を使って遊んであげるのもいいですね。いっぱい遊んで疲れれば、夜になってぐっすり眠ることができます

 

楽しく日中に遊ぶことで赤ちゃんも満足できるので、夜泣きも改善することができますよ。子育てでなかなか上手くいかないことがあったり、夜泣きがひどかったりと大変なことも多いですが、周りの人を頼ったりしながら乗り越えていくことが大切です。

 

自分ばかりが大変な思いをして疲れきってしまうことだけは避けるようにしましょう。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事