夜泣き

MENU

赤ちゃん夜泣き体験談(パパ編)記事一覧

 
夜泣き

当時、夜泣きで何が大変だったかいうと、真夜中に起こされ慢性的な睡眠不足となり、翌日の仕事に支障が出てしまうことでした。特に一晩に何度も起こされた日は最悪で、翌日のお昼休みは食事もそこそこにして昼寝をしないと、とてもじゃないですが1日持ちませんでした。

 
 
夜泣き

子供の夜泣きがつらかったのは、私の場合は共働きであったため、仕事のストレスや家事のストレスなどが鬱積した妻の八つ当たりが酷かったため、その対応を一人でやらなくてはならなかったことです。当時の私たちは、鉄骨モルタル製2階建てのアパートの2階に住んでいまして、結構階段の上り下りの振動が伝わってくるような安普請でした。

 
 
夜泣き

子供が小さかった頃、夜泣きがひどかったんです。必ず大人が抱っこしていないと子供が寝ないんです。やっと寝たなと思い、布団に置くととたんに大泣きです。これには夫婦でほとほと困りました。

 
 
夜泣き

長女が3歳になるまで、夜泣きに苦労しました。幸い私たち家族の周辺状況は悪くなく、車で数十分も走ればお互いの両親もいましたし、妻も仕事を辞め専業主婦になってましたので、なんとか妻も私も、夜泣きを許容することができてました。

 
 
夜泣き

今となっては思い出として振り返ることが出来ますが当時は先の見えない育児の辛さでノイローゼになっていました。が、今息子は7歳になり親子共々元気に生活しています。その時はまさかこんな日々が過ごせるとは思いもよらなかったです。

 
 
夜泣き

赤ちゃんの夜泣きは、原因がなんなのかわからない新婚の夫婦にとっては、とても大事な問題です。夫婦が協力をして、夜泣きをあやしてあげて、泣かずにゆっくりと寝かしてあげることが、赤ちゃんの成長にも夫婦の睡眠にも、大きく影響してきます。

 
 
夜泣き

子育てで初めて「大変さ」を感じることになる「夜泣き」。夜泣きしない子もいますが、大半の方は悩まされているのではないでしょうか。そんな方々に、私の体験を少しでも活かしてもらえれば幸いです。私たちには2人の子供がおります。年の差は2歳です。2人目の子供で激しい夜泣きを体験しました。その時の体験談をもとに、書かせていただきます。