夜泣き

MENU

夜驚症記事一覧

 
夜驚症

夜驚症は、赤ちゃんより少し大きくなった3歳ぐらいから発症する睡眠障害の一つです。夜泣きと夜驚症の違いは、夜泣きは浅い睡眠状態であるレム睡眠の時におきるため電気をつけたり、呼びかけると反応がありますが、夜驚症は眠りの深いノンレム睡眠の時におきるため呼びかけにも全く反応せず、何かに怯えたような発作のような症状が出ます。

 
 
夜泣き

夜泣きは、一般的には生後6か月ごろ~1歳ごろに始まるものとされています。ただし個人差も大きく、うちの子は夜泣きがなかったから楽だったわ~!と思っていたら、イヤイヤ期の始まる2歳ごろから突然激しい夜泣きが始まる子もいます!ただでさえ昼間もイヤイヤで大変なのに、夜も泣くなんて・・・とヘトヘトになっているママさんもいるかと思います。2歳の子がなぜ夜泣きするのかということをしっかり理解し正しく対処して、子...

 
 
夜泣き

子どもが寝ていて急に泣き叫ぶなどの症状はありませんか?夜驚症であれば問題はありません。また、おねしょをいつまでもするといった悩みはありませんか?夜驚症とは?夜驚症に似ている病気から、おねしょをしている可能性が...

 
 
夜泣き

夜泣きと夜驚症、どちらも夜に症状が現れます。そんな、夜泣きと夜驚症の違いとは何でしょうか?また、夜驚症と似ているため見分けにくい病気があることを知っていますか?夜驚症だからと決めつけないようにしましょう。

 
 
夜泣き

誰もが寝静まる深夜に突然我が子が大声で泣き出した!夢を見ているの?それともどこか痛いの?そんな思いで慌てて我が子を抱き上げてみるも、泣き止まない。そんな夜が毎晩続いたらそれは「夜驚症」という睡眠障害かもしれません。夜驚症とはどのような原因でおこるのでしょうか。その原因と対処法とは。

 
 
夜泣き

赤ちゃんの夜泣き。毎日だと本当に大変ですよね。睡眠不足でフラフラして、このまま乗り切れるのだろうか?と不安に思うママも多いです。特に、赤ちゃんの夜泣きがあまりにもひどい場合だと、うちの子異常なのではないか?と心配になるママも。赤ちゃんのあまりにも異常な夜泣きについては、「夜驚症」があります。「夜驚症」について、心配すべきときと心配しなくてもいいときなど、対処方法もあわせてお伝えします。

 
 
夜泣き

子供のひどい夜泣き。泣き叫んで、対策はしているのに、全然効果が感じられないと悩むママやパパも少なくありません。なんだか他の子の夜泣きの情報とは全然違う・・・。もしかしたらそれは夜驚症かもしれません。子供が夜驚症だとしたら、夜泣きとは違う原因や対処方法が考えられます。ここでは夜驚症の症状、原因、対処方法について、お伝えしていきます。

 
 
夜泣き

幼児の夜泣き。なんだか、赤ちゃんの頃と様子が違うと悩んでいるママ、パパも少なくありません。他の子供の夜泣きの情報と全然違うという時は夜驚症かもしれません。夜驚症という聞きなれない言葉ですが、夜泣きとは全く違うシステムによっておこる、子供が夜泣く症状を指します。今回は、夜泣きと夜驚症の症状の違いや対処方法の仕方についてお伝えします。

 
 
夜泣き

子育て中の悩みの一つに、赤ちゃんの睡眠障害があります。赤ちゃんが眠れなくなる原因は、大きく分けて病気によるものと病気ではないものに分けられます。病気によらない睡眠障害には、夜泣きや夜驚症があります。これらは病気ではないとは言え、親にとっては不安や心配をもたらします。中でも、夜驚症は子供が叫び声を上げる一方、声をかけても反応しないので、親にとっては大変心配になる睡眠障害です。