夜泣き

MENU

0歳4か月の赤ちゃんの成長の特徴

赤ちゃん

生後4ヶ月の赤ちゃんの平均身長は60~70cm、平均体重は5~9キロです。この頃になると授乳量や体型で赤ちゃんそれぞれの違いが際立ってきます。

 

身長や体重の変化は少なくなってきますが、大事なのは体重と身長のバランスがとれているか、順調に体重が増えていっているかです。

 

他の子と比べる必要はありません。大柄な子も小柄な子も、それぞれの個性だと考えるようにしてください。


活発になり始めるなので注意

この頃になると、多くの赤ちゃんは首がすわり、腹這いにさせると首をしっかりと持ち上げるようになります。縦抱っこをすると、赤ちゃん自身が首をしっかり動かして、呼びかけや、音の鳴るほうを向こうと一生懸命になりますね。

 

首が安定することにより赤ちゃんの視界が広がり、お母さんや家族の動きに興味を持ち始めたのです。

 

寝返りが始まるのもこの頃からです。おっとりした動きの大人しい子はなかなか寝返りをしようとしませんが、仰向けになった赤ちゃんの片足を反対の足の方へ動かして、お尻を押して下半身から寝返りの練習をさせてみてください。

 

ちょっと手助けをしてやることで赤ちゃんが寝返りを覚え、腹這いをすることで視界が広がることを知ると、自発的に寝返りをするようになります。

 

ただし、寝返りをして活発になってきた赤ちゃんで心配なのは、転落事故です。寝返りをした拍子にベッドから落ちることもあります。ベッドの柵を立てて、赤ちゃんに危険がないように気を配りましょう。

赤ちゃんの睡眠を見守ろう

生後4か月になると、まとまった睡眠がとれるようになり、昼夜のリズが整ってくることが多いようです。赤ちゃんがまとまった睡眠がとれるようになるのは、赤ちゃんの内臓機能が十分に発達してきた証拠です。

 

たっぷりと飲めるようになったので、空腹になることが減り、その分長く睡眠をとることができるわけですね。

 

赤ちゃんの昼夜のリズムを整えるためには、お母さん、お父さんも規則正しい生活をするといいでしょう。夜中は早めに電気を消して暗くし、静かな環境整えましょう。

 

昼間は散歩に連れ出したり、一緒に遊んでやることで、赤ちゃんは昼夜の区別を覚えていきます。

 

夜の睡眠時間が6~7時間位にまとまると、寝る前の授乳時間を遅めにして時間を調節すれば、明け方まで授乳に起きなくてすむようになります。

 

お母さんもだいぶ楽になりますね。その反面、いろいろな経験で知恵がついてきて、「黄昏泣き」が始まるのもこの頃です。

 

夕方になると泣き始める「黄昏泣き」は生後3か月位から多くみられますが、これも赤ちゃんが昼夜の区別をつけられるようになってきた証拠ですね。

 

夜泣きも成長の一つと受け止めて、泣いている間は赤ちゃんに寄り添ってあげ、赤ちゃんが眠ったらお母さんも一緒に寝て、体を休めるようにしましょう。

赤ちゃん体操で遊ぼう

手足が活発に動くようになってきたら、赤ちゃんが喜ぶように体に触ったり、動かしてやったりして、赤ちゃんとのスキンシップを楽しみましょう。

  • トントン体操・・・腕や足をなでさすり、伸ばしてやりながら掌や足の裏をトントンと触ってみましょう。
  • 両足屈伸・・・仰向いた赤ちゃんの足首をもって曲げて、赤ちゃんが力をいれたら自然に伸ばして、キックの練習をしましょう。
  • うつむき抱え上げ・・・赤ちゃんをうつむきにして抱いて、そっと布団におろしてみましょう。赤ちゃんが両肘を布団につけて首を持ち上げてスフィンクスのようになったら終了です。
  • 寝返り練習・・・仰向けの赤ちゃんの片足を反対の足の方へ持っていき、自然に腰をねじるように促します。肩を回して両腕を抜き、首をあげてスフィンクスのようになったら終了です。

 

どの運動も、赤ちゃんができたら手をたたいて褒めてあげましょう。赤ちゃんの機嫌のよい時に行うこと、話しかけながら、ほめながらスキンシップをとることが大切です。

 

こういった遊びで、赤ちゃんは自分の体の動かし方を学び、動くことが楽しいこと、褒められることは嬉しいことだと認識するようになります。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事