夜泣き

MENU

0歳6か月の赤ちゃんの成長の特徴

夜泣き

生後6ヶ月の赤ちゃんの平均身長は66~74cm、平均体重は6.3~9.4キロです。

 

新生児期と比べると、身長や体重の増加がわずかな時期ですが、授乳量や運動量によって増加量に個人差が出て、ポッチャリとした赤ちゃんもいればスリムな体型の赤ちゃんもいます。

 

離乳食が進む子もいますが、生後6か月はまだ母乳やミルクが主体の食生活です。

 

この頃になると赤ちゃんはまとまって睡眠がとれるようになり、昼間は2~3時間くらい昼寝をするくらいで、あとは起きているようになります。

 

寝ているときに寝返りで移動してしまうこともありますので、体が冷えないようにスリーパーや、寝返り防止クッションを活用すると安心ですね。おすわりも安定してきますが、まだまだ不安定なので、おすわり用のクッションを利用すると便利です。

 

おすわりができるようになり、視界がさらに広がった赤ちゃんはいろいろなものに興味を示します。指で押したり叩いたり、手触りの違うもの、カラフルなものや音の出るものといったおもちゃで一緒に遊んでやって、赤ちゃんの五感を刺激して成長を促しましょう。


離乳食の準備をしよう

生後6ヶ月の赤ちゃんは一日に4~5回にわけて、一回で200~220mlの母乳やミルクを飲みますが、赤ちゃんが食べ物に興味を示してきたら、そろそろ離乳食を始めても大丈夫です。

 

離乳初期は、お粥をちょっと舐めるだけからはじめます。まず食べ物を食べるスプーンに慣れることが大事なので、赤ちゃんが嫌がったら無理をせず、時間を空けてから試してみましょう。

 

食べる量よりも、離乳食を楽しく進めることに重点をおくと、お母さんも赤ちゃんもストレスがたまりません。

 

お米は比較的アレルギーになりにくい食品ですが、卵や小麦粉などアレルギーになりやすい食品は初期には与えません。栄養を取ることではなく、赤ちゃんが口の使い方を覚え、いろいろな食感を知ることが大事なのですね。

 

うまく離乳食が進まなくても、焦る必要はありません。赤ちゃんはまだまだ母乳やミルクで十分な栄養を補っています。他の子と比べずに、赤ちゃんのペースで無理のない離乳食のスタートを考えてください。

女の子のからだについて

とってもデリケートな女の子のお尻ですが、どこまでていねいに洗えばいいのか、拭く時は何に気をつけたらいいのか、細かな所まで悩んでしまうことも多いですよね。

 

女の子はとってもデリケート。外陰部のところに垢がたまっていたり、うんちが入り込んでいたりするので、よく注意をしてあげてください。

 

おしっこだけの時でも、最低2回は汚れをふき取りましょう。拭き取るといっても力を入れてこする必要はありません。

 

拭き方のポイント「前から後ろへ」で、指で開いて丁寧にふき取り、粘膜の部分はこすると傷ついてしまいますから、ポンポンと軽くたたくように拭き取ってくださいね。

 

お風呂の時には、汚れの多い外陰部や肛門付近は石鹸で軽く洗って、割れ目の間は軽く広げてシャワーで洗い流すのがいいでしょう。

 

粘膜には自浄作用があり、分泌物を出して自分で洗い流す作用もあるので、男の子よりも粘膜の部分が多い女の子の場合はシャワーで洗い流すだけで十分なのです。

職場への復帰を考えよう

赤ちゃんが健康に育っていて、自分自身の回復が順調なら、お母さんもそろそろ仕事への復帰を考えてもよい頃でしょう。

 

働く職場によっても違いはありますが、基本的にはお母さんの産後休暇は出産してから8週間、その後の育児休業は1年間から最長5年間までとさまざまです。

 

赤ちゃんの1歳の誕生日をきっかけに復職するお母さんが多いようですね。お母さんが仕事に行く間を保育園に預けようと考えているのであれば、早めに保育園の準備をすることをおススメします。

 

保育園は定員制です。保育園に預けたいと思っても、空きがなければ受け入れてもらえないのです。保育園によって保育理念も環境設備もさまざまですが、6か月位前から保育園の見学をして申し込みをしておくと安心です。

 

赤ちゃんも集団生活になりますので、できる限りの予防接種は受けておくと良いでしょう。赤ちゃんが感染症で苦しまないのはもちろんですが、他の子にも感染症をうつさないための大切なマナーです。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事