夜泣き

MENU

0歳10か月の赤ちゃんの成長の特徴

赤ちゃん

生後10か月の赤ちゃんの平均身長は68~78cm、平均体重は8~11キロです。

 

同じ月齢でもほっそりした赤ちゃんやぽっちゃりした赤ちゃんがいて、体型や身長、体重の伸び方にもそれぞれの特徴が表れてくる時期です。

 

検診などで他の赤ちゃんを見てしまうとどうしても比べがちになってしまいますが、赤ちゃんの睡眠や食欲のバランスが取れているか、顔色やご機嫌に注意して成長を見守ってあげてください。

 

赤ちゃんの活動が盛んになってきていますので、そろそろ洋服やおむつのサイズ確認をする時期です。足の動きが活発になり、ハイハイからつかまり立ちをする時期でもありますので、おむつはパンツ型を試してみてもいいでしょう。

 

ハイハイして逃げていく赤ちゃんに簡単におむつを付けられますし、立ったままでもおむつ替えができて便利です。


「カミカミ期」を楽しもう

生後10か月になり「カミカミ期」にはいると、赤ちゃんはだいぶ離乳食に慣れてきます。「カミカミ期」は赤ちゃんの舌が左右に動くようになり、食べ物を口の中で上手に動かして歯茎でつぶしてカミカミして食べるようになります。

 

柔らかくても、食材の食感の残る調理を心掛けましょう。塩分を控えて調理すれは、大人と同じものからとりわけもできるので、お母さんも楽になりますね。

 

ただし、赤ちゃんはまだまだ消化機能が未発達なので、大人と同じものを食べさせることは危険だといえます。特に蜂蜜は乳児ボツリヌスを引き起こしかねませんので、1歳までは厳禁です。

 

食べることに意欲のある赤ちゃんは、自分で食べることに楽しみを覚えてきます。

 

スプーンやフォークを自分で持ちたがりますので、こういった意欲があるときはある程度食べ終わったところで赤ちゃんにスプーンをもたせ、赤ちゃんの意欲をそがないように好きにやらせてあげましょう。

 

道具が使えるようになることで、赤ちゃんはまた一歩大きく成長します。時にはスプーンをもって遊んで食べないというときもありますが、赤ちゃんの食欲にはムラがありますので、怒らず長い目で見守ってあげてくださいね。

 

「カミカミ期」は一日に離乳食3回、母乳やミルクを数回に分けて合計1000mlとるのが目安です。離乳食が進んでくると自然と哺乳量が落ちてきますので、食事後か就寝時に授乳するということが増えてきます。

 

就寝時の授乳は大変ですが、お腹はいっぱいだけど、お母さんに抱っこされて安心して眠りたいという赤ちゃんの気持ちを大切にしてあげてください。

赤ちゃんの心の発達を見守ろう

生後10か月になると、赤ちゃんの身体機能が発達して、体を大きく動かす遊びが広がります。

 

行動範囲が広がり動けるのが楽しく仕方ないといった様子で、おむつ交換時に大人をからかうようにして逃げていく赤ちゃんもいますね。手足の機能が十分に発達して、知恵がついてきた証拠です。

 

こんな時には赤ちゃんを外に連れ出して、どんどん刺激を与えて体や心の成長を促してあげてください。

 

暖かい時期なら、公園でベビーカーから降ろして休憩をしたり、外で過ごす時間を長めにしましょう。散歩の途中や公園の遊具でも、赤ちゃんは周囲に興味しんしんです。

 

目に入る新しい景色を、どんどん覚えていきます。周囲の自然や乗り物、お散歩中の動物にも目を向けて、例えば犬を見かけたら「ワンワン」などと、赤ちゃんが覚えやすい単語におき替えて話しかけてあげるといいでしょう。

 

この頃になると赤ちゃんは大人よりも、同じ位の月齢の赤ちゃんや幼児の方に反応することが多くなりますが、興味をもつあまりに相手のおもちゃを取り上げてしまったり、顔を叩いてしまうこともしばしばあります。

 

決して意地悪ではなくて、まだ上手に手指をコントロールできていないだけですので、強く叱らなくても大丈夫です。赤ちゃんと一緒に謝って、トラブルはその場で終わらせるといいですね。

 

見知らず大人に対しては、話しかけられると急に黙りこんだり泣きだしてしまうこともありますが、これは家族と他人の見分けがつくようになった証拠です。

 

協調性や周囲への興味が広がる時期ですので、暖かく見守ってあげましょう。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事