夜泣き

MENU

0歳11か月の赤ちゃんの成長の特徴

赤ちゃん

生後11ヶ月の赤ちゃんの平均身長は68~79cm、平均体重は8~12キロです。この時期は運動力が増える時期ですので、身長が一気に伸びることがあります。

 

そのぶん体重の増加はわずかで、1か月前の測定値とほとんど変わらない子もいます。

 

かぜなどの病気や、離乳食がうまく進まないことによって一時的に体重増加が抑えられているケースもありますが、赤ちゃんが機嫌よく遊んで、うんちも正常なら問題ありません。

 

ハイハイをしたり立つことができるようになり、足の筋肉がついてきて、身が引き締まった感じを受けます。動くことより座って遊ぶことが好きな赤ちゃんの場合は感じることはないかもしれませんが、ポッチャリ体型の赤ちゃんもいずれ歩きはじめると体型は変わりますので、授乳や食事制限などの体重管理は必要ありません。

 

立ち上がる時期や歩き始める時期は、積極的な赤ちゃんなら10ヶ月頃ですし、のんびり赤ちゃんは1歳半くらいまでと大きな幅があります。

 

立ち上がるきっかけもさまざまですし、自分で動けることが好きな赤ちゃんは早い時期からひとり歩きに挑戦し、不安定な足場に恐怖心のある赤ちゃんはなかなか歩きはじめません。

 

赤ちゃんの性格もそれぞれなので、足の発達の仕方もそれぞれ違って当然です。まだ歩き始めないと他の子と比べたりせず、赤ちゃんなりのペースをサポートしてあげてください。


赤ちゃんと絵本を楽しもう

赤ちゃんはまだしゃべることも、字を読むこともできません。ですが生後11か月になると、お父さんやお母さんが絵本を読む声をじっと聞き入り、色や形のイラストに興味をもってページをめくるようになります。

 

どうぞ絵本を読み聞かせて、赤ちゃんの好奇心を満足させてあげてください

 

がんばって長い時間読んだりしなくても大丈夫です。そもそも赤ちゃんに絵本1冊に付き合える集中力はありません。

 

情操教育や知的発育などと難しく考えず、赤ちゃんを膝に抱っこしてコミュニケーションをとりながら、遊ぶつもりで、絵本の読み聞かせが習慣になればよいですね。

 

絵本のカラフルな色や、ページをめくるごとに場面が変わることに刺激され、赤ちゃんは好奇心や想像力を育てていくのです。

赤ちゃんの躾について考えよう

体の動きが自由自在になって行動半径が広がり、感情の表現も豊かになってかわいい盛りの赤ちゃんですが、1歳も間近になってくると困るのが、赤ちゃんのイタズラですね。

 

引き出しを引っ張って中の物をすべて出してしまう、ティッシュをすべて引き出してしまうなんてイタズラに頭を悩ませつつ、一日赤ちゃんのしでかしたイタズラを片付けてまわることもしばしば。

 

物をちらかすくらいのイタズラなら大目にみてやりたいものですが、イタズラをほっておいて、万が一赤ちゃんが危ない物に手を出して、取り返しのつかない事故にならないともかぎりません。時にはきっぱりと「ダメ!」としかることも大切なことなのです。

 

これまでは危険なものを遠ざけて赤ちゃんの事故を防止してきましたが、行動範囲が広がった赤ちゃんの全てをフォーローすることはできません。

 

生後11か月を過ぎると赤ちゃんは自分と周囲の関係を理解できるようになります。簡単な会話も徐々に成り立ってきますので、この頃であれば、赤ちゃんに「叱られている」という認識がでてきます。

 

大声を出すことは赤ちゃんに恐怖心を与えるだけなので、ふさわしくありません。叱るというよりは、注意するという気持ちで赤ちゃんに接してください。

 

お父さんやお母さんが真剣に注意をすれば、赤ちゃんはビクッとして手を止めます。そして、赤ちゃんがイタズラを止めたらほめてあげましょう。

 

だんだんと叱られるのはどんな物に手を出したときか、どんなイタズラがいけないのかを理解できれば、イタズラも徐々に少なくなっていきます。

 

赤ちゃんを叱る場合は、悪いことをしたその時、その場で、何がいけなかったのはわかるように叱ることがポイントです。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事