夜泣き

MENU

1歳11か月の赤ちゃんの意欲を伸ばしてあげよう

赤ちゃん

もうじき2歳のお誕生日。この頃の赤ちゃんは言葉も身体機能も充実して、なんでも自分でやりたがるようになります。

 

手がかからずに楽になってくる反面、して欲しくないことにまで手を出してくるのには困りものですね。

 

大人は失敗をしそうな場合はついつい赤ちゃんを牽制してしましますが、「自分で」は子供の知的好奇心の表れであるだけでなく、自立心の芽生えの大事なサインでもあります。

 

赤ちゃんが自分でできないことをやりたがったら、赤ちゃんの動きをさりげなくフォローしてやり、赤ちゃんのやる気をそがないように心掛けましょう。

 

徐々に服の着脱もできるようになってきます。洋服がまだ難しいようでしたら、靴下から始めると良いですね。

 

着脱にこだわらずに、お出かけの時のリュックや帽子を赤ちゃんにとりに行かせる、ハンカチを準備させるなど、赤ちゃんが興味を示したものから手を出させてあげるとうまくいきます。

 

失敗をしても当然のこと、赤ちゃんを責めてはいけません。赤ちゃんなりのプライドを尊重してあげましょう。

 

上手にできた時にはたくさんほめてやることで、子供の自立する心が育っていきます。


1歳11か月の赤ちゃんの甘えについて考えてみましょう

いろいろなことができるようになり、どんどん自立していこうとする赤ちゃんですが、まだまだ赤ちゃんの部分が残っています。機嫌よく一人で遊んでいるからといって席を立とうものなら、大泣きしてしがみついてくるなんてこともしばしばありますね。

 

寝るときにはまだまだお母さんの体にくっ付きたい赤ちゃんも多いのです。

 

この先、赤ちゃんの世界はどんどん広がっていきますが、いろいろなことを知って楽しいという気持ちの反面、大好きなお父さんやお母さんのそばから離れなくてはいけない不安な気持ちを漠然と感じているのでしょう。

 

自立心が芽生えるこの時期は、ちょっと親と離れただけで不安になることが多くなり、夜泣きがぶり返す時期でもあります。

 

2歳前後の赤ちゃんは、お父さんやお母さんのやさしい抱っこが大好きです。「もう大きいから」と言わずに、赤ちゃんが抱っこをせがんで来たらたっぷりと甘やかしてあげてください。

 

甘えて安心することで赤ちゃんは落ち着き、癇癪(かんしゃく)やイヤイヤも自然と治まってきます。いつでも甘えられるという安心感を与えてやりながら、赤ちゃんの成長を見守ってあげましょう。

トイレトレーニングを始めてみて

2歳近くなると、膀胱が大きくなって尿を溜める機能がほぼ完成してきます。赤ちゃんはうんちやおしっこという単語を理解しているでしょうか。

 

赤ちゃんがうんちやおしっこという排泄行為に興味を示し、おしっこの間隔が2~3時間以上あいて、うんちのタイミングが決まってきたならば、そろそろ本格的にトイレトレーニングを始めてみてもいいでしょう。

 

トイレトレーニングの開始の時期には個人差がありますので、焦る必要は全くありません。特にトイレトレーニングをしなくても、自然とおむつは外れます。心配をせずに赤ちゃんの成長も見守ってあげてください。

 

トイレトレーニングは、お父さんやお母さんの子育てにとって一番忍耐を必要とする作業です。おむつ以外の場所での排泄は、赤ちゃんにとっても上手にできない、未知の行為なのです。

 

当然失敗を繰り返すものですが、お父さんやお母さん、なにより子供本人がストレスをためないことが、トイレトレーニング成功の秘訣といえますね。

トイレトレーニングの進め方

まず、赤ちゃんの様子を2~3時間おきに確認して、おむつがきれいな状態だったら、「おしっこいこうか」とオマルに誘ってみてください。

 

トイレに幼児用補助便座を付けても良いのですが、ほとんどの赤ちゃんは閉塞感のあるトイレにはすぐに慣れてはくれません。トイレトレーニングの初めはオマルを使い、慣れた部屋の中での排泄を誘う方が成功率は高くなります。

 

誘ってオマルに座ってもでなかった、これはこれでOKです。まずは、赤ちゃんにおむつ以外の場所での排泄を意識させることから始めましょう、タイミングよくおしっこが出ればもうけものです。たくさん、多少大げさなくらいに喜んで、褒めてあげてください。

 

赤ちゃんはお父さんやお母さんが喜んで笑顔になったことで楽しみを感じ、ほめられたことで自信をつけていきます。

 

もし失敗して周りを汚してしまっても、今が肝心の時期ですので、どうか大目に見てあげてくださいね。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事