夜泣き

MENU

2歳1か月の幼児の成長の特徴

幼児

2歳代はまさに「言葉の爆発期」。子供が言葉を理解する能力やしゃべる能力は、飛躍的に向上します。この言葉の発達を、大事に育んであげましょう。子どもが話しかけてきたら、きちんと耳を傾けることが大事です。

 

できるだけ子供の目線に体を下げて、子供と向き合うようにすると、子供も「大切にされている」自分を認めて満足します。

 

この時、むやみに赤ちゃん言葉を使うのはやめましょう。子供にとって「さしすせそ」は言いにくいものですが、大人はつい子供の真似をして「チャチチュチェチョ」と赤ちゃん言葉を使ってしまいがちです。これでは子供は正しい言葉を覚えることはできませんね。

 

子供を大人の付属物だと思わず、一人の人間であると考えて、正しい言葉や生活習慣を教えてあげて下さい。話しかけらてれた時だけでなく、大人から積極的に話しかけてあげましょう。「子供だからわからないだろう」といいかげんな受け答えは子供のためになりません。

 

特別な工夫はいりませんから、お父さんやお母さんはありのままのことや、見たこと、感じたことを素直に話しかけるようにするといいですね。


2歳1か月児からはじめる「食育」

2歳を過ぎた子供の食事は一日3回の食事とおやつといった、ほぼ大人と同じペースになります。子供の成長に「食育」が大切な要素であるということはずいぶん前から言われていますが、「食育」とは単に体に良いものを食べるだけのことではなく、食べ物に関心を持ち、食べ物や作ってくれた人に感謝をする心を持つことをいうのです。

 

小さな頃から食事前には「いただきます」と、食事の後には「ごちそうさま」の感謝の挨拶をすることを教えてあげましょう。これは食べ物や作ってくれた人に感謝をするだけでなく、食べ始め、食べ終わりのけじめをつけるために重要なことでもあります。

 

お父さんやお母さんの日頃の行動が、全て子供のお手本であることも忘れないでくださいね。小さな頃からこういった生活習慣を身に着けさせることは、豊かな人生につながります。ご飯茶わんのご飯つぶを残さずきれいにいただく、「感謝」の気持ちをきちんと育んでいきましょう。

 

子供と食卓を囲んだら、どうぞ食卓に並ぶ食材がなんという名前なのか、どこから来たものなのかを教えてあげてください。子供は食べること、食べるものに興味しんしんです。食事中の会話がさらに子供の好奇心を掻き立て、いろいろなことを知りたい意欲を掻き立ててくれるでしょう。

 

小さな頃に味わった料理や、お父さんやお母さんと交わした会話は、大人になってもしっかりと残り、人生の基盤を支えます。「食」を大切にすることで、自分や、その家族、その周囲の人々を思いやる心が育くまれます。

朝ごはんをしっかり食べましょう

朝食は、一日の栄養補給の大事なスタートですね。朝食を食べないと、前日の夕食から15時間前後は絶食状態となります。エネルギーが足りないことで脳の働きが鈍くなり、肉体的にも気力がわかず動けなくなり、子供は訳も分からずイライラとしてしまいます。

 

朝食を食べない子は「きれやすい」といわれるのはちゃんと根拠があることなのですね。時間に余裕をもって朝の食卓を囲めば、お父さんやお母さんも子供の顔色や様子が確認できますので、子供の体調管理にも役立ちます。

 

朝食は一日のスタート。朝食をしっかり食べて、一日の生活リズムを整えましょう。

幼児期に気を付けたい水場の事故

医療が発達した日本は、世界の中でも乳幼児の死亡率が低い国です。日本では乳幼児がなくなる原因のトップは「不慮の事故」であり、大人の不注意によって子供が大切な命を落としていることは、とても悲しいことですね。

 

1歳から2歳の幼児に多いのは溺死です。その大半が自宅の浴槽で起きている事故なので、お父さんやお母さんは特に注意をしてください。

 

好奇心が旺盛で、身体機能の発達した2歳児は、危険な状態に気づかずに一人で浴槽のふたの上に乗るなどして遊んでしまいます。子供にとって危険な浴室にはカギをかけたり、浴槽に水をためっぱなしにしないように注意してくださいね。

 

一人で立って歩ける子供が、10センチ程度の水場で溺れてしまったという報告もあります。子供と一緒にお風呂に入っている間は、できるだけ子供から目を離さず、常に声をかけて安全を確認してあげてください。

 

屋外でおきる水場の事故の多くは、自宅近くの水路やため池で発生しています。子供と歩いてお出かけするときは、自宅の危険個所をチェックするのを忘れないでください。子供にもどこが危険であるか教えて、幼児期の事故を防止しましょう。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事