夜泣き

MENU

2歳10か月児のイヤイヤ対策

子供

第一反抗期が始まり、ちびっこギャングと化した2歳児ですが、自立心が発達して「自分でやりたい」のに、うまくできないという現実にイライラとしてます。そのイライラから「あれもイヤ」「これもイヤ」というイヤイヤ攻撃をするのでしょうね。

 

言いたいことがうまく伝えられない、もどかしいという気持ちを察してやると、子供が癇癪をおこす気持ちもなんとなくわかるような気がします。それでも、毎日ひっきりなしのイヤイヤ攻撃ではお父さんやお母さんもやり切れません。


子供の「イヤイヤ」でストレスを溜めないためには?

大人のストレスがたまらないように、上手に子供を突き放してみましょう。「じゃあ、好きにしてみなさい」と、次の行動を子供に考えさせるのも、良い手ですね。

 

そこまで考えられずにさらに反抗をするようなら、根気よく「じゃあ、ご飯をたべるか、お風呂に入るか、どっちにする?」と選択肢を与えてあげましょう。イヤイヤな気持ちをうまくそらしてあげることで、子供の気持ちも落ち着きいてきます。

 

大人もストレスをためすぎないよう、いろいろなパターンを試して工夫をしてくださいね。イヤイヤ期の子供のストレス発散には、なんといっても体を動かして遊ばせることが一番です。

 

でも、天候や季節により外遊びが難しいこともありますよね。そんな時は、絵をかかせて表現させることも、子供の気持ちを発散させる効果があります。

 

言葉では伝えられない、表現できない思いも、自由になぐり描きをすることや、紙をビリビリにちぎって散らかすことで表すことができるのかもしれません。汚れても、後で子供と一緒にお片付けをすればいいくらいの気持ちで、大目にみてあげましょう。

 

普通の小麦粉を水で固めに溶いて作る、小麦粉粘土も子供に人気です。手でこねて、ちぎって丸めて、いろいろな物が作れそうですね。

 

食紅などで着色するとカラフルで楽しいですし、もともと食品なので子供が誤って食べても安心です。子供なりの想像力を駆使して遊ばせて、子供のイライラを上手に発散させてあげて下さいね。

子供に生活習慣を教えよう

2歳10か月になると、ほとんどの子供は「自分でご飯を食べる」「自分で服を脱ぎ着する」といった基本的な生活行動ができるようになります。遊びだけでなくこういった生活に必要な行動に進んで取り組めるようになるのは、子供に社会性が身についてきた証拠ですね。

 

ただし、この頃の子供はまだまだ自己中心的。子供はできるつもりでいても、実際にはできないことが多くあります。

 

一緒にいるお父さんやお母さんはつい手を出してしまいがちなのですが、失敗は成功のもと。どんなことでも、実際に自分でやってみて、失敗することでやり方を学んでいくものなのです。

 

ハラハラしたり、逆に手間のかかることもありますが、この時期はできるだけ子供一人でやらせてみてあげて下さい。時には手を貸すことも必要ですが、ゆったりとした気持ちで子供の成長を見守ってあげましょう。

 

3歳までに覚えて欲しい生活習慣は、数多くあります。食事の後には歯を磨くこと、お風呂にはいること、時間が来たら布団に入ることも大切な生活習慣ですね。

 

そして、ぜひお父さんやお母さんに教えてもらいたいのが、「挨拶」です。起きた時や寝る時の挨拶や、食事の前後の挨拶、悪いことをしたときのごめんなさいの挨拶など、挨拶は人間関係をスムーズに行うための必要スキルです。

 

どんな挨拶も、大人のリードがなくては子供は覚えることができません。折につけて大人がお手本を示して、声に出して挨拶をすることで、子供に教えられるようにしましょう。

2歳10か月児はまだ赤ちゃん?

3歳未満の子供にとって一番の栄養はなんでしょうか。それはたぶん、愛情です。

 

大好きなお父さんやお母さんがいつも温かく見守ってくれる、という安心感が子供の心を落ち着かせ、良く食べ、よく眠らせて子供を成長させるのですね。これからどんどん大きく成長する子供のために、子供が求めた時にはたっぷりと甘えさせてあげましょう。

 

この時期は物の名前を覚えたり計算をしたりする知の脳ではなくて、情緒をつかさどる感情の脳が発達する大事な時期です。感情の脳は、周囲の大人の温かい愛情に支えられて発達していきます。

 

自我が芽生えて反抗する一方で、怖い時、不安な時、おなかがすいた時、眠い時、病気の時には甘えたいものなのですね。心や体がつらい時に出すSOSのサインが甘えであるともいえます。

 

子供が甘えてきたら、突き放さずにやさしく受け止めてあげてくださいね。いつも自分を守ってくれる人がいる、自分が愛されているという安心感は自信をつけさせ、他人を思いやる心を養います。

 

大きく、生意気になっても2歳10か月の子供は、まだまだ可愛い赤ちゃんです。たっぷりと甘えさせて、愛してあげて、豊かな人間性を育ててあげて下さい。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事