夜泣き

MENU

【動画付】娘の夜泣きを静めた子守歌の2曲 35歳 M.K.さん

夜泣き

私の娘は産まれつき視力が弱くて、3歳で眼鏡をかけるまではぼやけた視野の中で暮らしているような状態でした。そのせいかとても神経が過敏な面が多々見受けられるような赤ちゃんでした。

 

1歳近くになると、近所の子育て支援センターに出かけてみたり、同じぐらいの月齢のお友達と遊ばせてみたり、と少しずつ外の世界とも関わっていくようになります。

 

そうなってくると、今にして思えば、世界が広がれば広がる程、娘にしたら見えない部分が広がるわけで、それが怖かったのか、ストレスになっていたのか、そんな夜は凄く泣きました。

 


揺らしながら子守歌を歌って

そんな日は、夕方ぐらいから手が付けられないぐらい暴れたり、泣いたりするので、「今夜は泣き喚くかもしれないな…」と思うこともありました。

 

あらゆる面で繊細だったので、他の事でも娘と私との間で決まり事はたくさんあったのです。神経が高ぶって夜に泣き喚くような時は、すぐにタオルを握らせて、抱っこしてあげました。そして、揺らしながら、『きよしこの夜』と『大きな古時計』を歌ってあげました。

 

そうすると段々落ち着いてき、暫くするとすーっと寝てくれました。他の歌も色々試してみましたが、他の歌では全然上手くいきませんでした。どちらか1つだけ歌うのも駄目でした。この2曲を最低1回は歌う必要がありました。

きよしこの夜

大きな古時計

 

『きよしこの夜』は歌詞通りに歌っていました。『大きな古時計』の方は、「古時計」の「古」や「おじいさん」や「花嫁」の部分を娘の名前に変えて、「もう動かない」を「まだ動いてる」といった感じで、否定的な言葉を肯定的言葉に置き換えて歌っていました。

 

この替え歌が一番効果てき面で、この歌でほぼ眠りに近づけ、『きよしこの夜』でしめるといった感じでした。

 

『大きな古時計』の替え歌は母親としての私の気持ちが詰まった歌でした。我が子の名前を呼びかけてあげたいという気持ちと、否定的言葉よりは肯定的言葉の方が娘の心を穏やかにしてくれると思ったからです。

 

それと、『大きな古時計』の最後はおじいさんが亡くなり、古時計とお別れとなります。そこも、娘が産まれてきてくれたおかげで、素晴らしい出会いがあったという風に変えました。

 

よく泣く赤ちゃんで、日々本当に大変でした。しかし、妊娠が分かった瞬間、産まれて来てくれた瞬間の感謝と感動を忘れないために作った替え歌が、娘も本当に好きでいつでも替え歌の『大きな古時計』と『きよしこの夜』で眠ってくれたのでした。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事