夜泣き

MENU

夫婦の協力で乗り切る!新米パパの赤ちゃん夜泣き体験 32歳 J.N.さん

夜泣き

子育てで初めて「大変さ」を感じることになる「夜泣き」。夜泣きしない子もいますが、大半の方は悩まされているのではないでしょうか。そんな方々に、私の体験を少しでも活かしてもらえれば幸いです。

 

私たちには2人の子供がおります。年の差は2歳です。2人目の子供で激しい夜泣きを体験しました。その時の体験談をもとに、書かせていただきます。


夜泣きが大変な時間帯

これはなんといっても深夜帯です。私は昼は仕事、妻も昼は上の子供の世話もあるので忙しく、夜は当然眠りたいもの。

 

夜寝てくれていたころは0歳と2歳、そんなに大変ではありませんでした。ところが夜泣きが始まり、そんな生活は一変。大変な毎日が始まりました。

具体的な大変さ

とにかく睡眠不足。またなぜか夜泣きの子供はだっこしたりおんぶしても泣きやまない。また私たちの場合は私がだっこすると余計泣くので、夜泣きの世話はほとんど妻になりました。

 

そうなると昼間の子供の世話も大変です。家事もおろそかになってしまうので、家の中は大変なことに・・・

夜泣き対策

まず、ある程度はあきらめること。そのうえで対策ですが、昼間よく眠る場合、夜泣きが多い気がしたので、ちょっと可哀そうでしたが昼寝を時間で区切って、リズムを作るようにしました。

 

また妻は空き時間はとにかく昼寝。その分家事が出来ないので私も協力し、家事をこなしました。あと私の帰宅が遅かったり、飲み会があると分担も崩れてしまい、ときに妻のストレスがひどくなりました。

 

夜泣き対策は子供の対策と、お母さんの対策、両方必要です。

その対策の効果

夜泣きは無くなりませんでしたが、数は減っていく気がしました。

 

もちろん子供の成長に合わせて減っていくものでしょうが、あれこれ対策した中で、リズムを作るということと、お母さんのストレス軽減が良かった気がします。

 

リズム作ると子供の昼寝や就寝時間も整っていきます。その間親も仮眠や自分の時間がとれます。

 

また私が家事を、内心嫌々もやることにより、妻の負担は減るわけですからストレスも軽減です。

今夜泣きで悩んでいる方々へ

一番は夜泣きへ対応できる人数を集めることです。私たちは両親などの助けが得られませんでしたが、助けを得られる人はお願いしましょう。一時のことですし、やはり分担できれば負担は減ります。

 

また夫婦一緒に取り組んでいくことが、特にこの時期大事なのだと思います。

 

夜泣きの時期は子供が歩けもしない時期。夜泣き以外にも子育てが大変な時期です。特にお母さんは協力者にきちんとお願いしたりして、自分の負担を少しでも減らすようにしてください。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事