夜泣き

MENU

夜泣きに立ち向かうべく必殺方法を伝授します!

夜泣き

赤ちゃんは可愛いのですが、一番の悩みになるのが「夜泣き」ですよね。

 

その子の性格もあるのかもしれませんが、やっぱり赤ちゃんにとって夜は不安になってしまうものなのかもしれません。

 

しかし、なかなか寝ない子は本当に寝なくて参ってしまいますよね。大きな声で泣けば泣くほど母親の不安やイライラも募ってきてしまって困ります。

 

そこで、夜泣きに立ち向かうべく基本の必殺方法をお伝えしたいと思います。


赤ちゃんは基本は縦抱っこが好き

首の据わっていない赤ちゃんの場合は、しっかり首を持たないといけませんが、基本は赤ちゃんは横抱きより縦抱きが好きなことをご存知ですか?

 

お母さんのお腹にいた頃、赤ちゃんは縦向きに座って丸まったり、伸びたりして生活していました。なので、体を大きく広げて寝るよりも、体を丸めるほうが好きですし、体を密着させて包まっているほうが好きなのも、狭いお腹の中にいた安心感がほしいからです。

 

横より縦抱っこのほうがより近い姿勢なので安心します。

縦揺れが大好き

赤ちゃんが泣いたとき、よく「とんとん」と揺らしてあやしますよね。あれは、お母さんからの安心にもなるのですが一番安心する揺れが「縦揺れ」なんです。

 

先ほどの「胎内」の話と同じで、赤ちゃんはお母さんのお腹の中で縦姿勢でいました。しかも、お母さんが歩くたびに縦に揺れていたのです。

 

そう、縦揺れは胎内の時と同じような環境ということなのです。抱き方は縦抱っこにして体を赤ちゃんと密着させます。それで、赤ちゃんの体を縦に揺れるようにオムツの上から上に突き上げるようなトントンをします。

 

それか、抱っこをしながらスクワットをするお母さんもいますが、一番簡単なのは歩き回ることです。赤ちゃんの夜泣きがひどい場合は、前に抱っこして散歩に出かけると寝やすいのです。

体を包んでほしい赤ちゃん

赤ちゃんはずっと狭いお腹の中で、温かい羊水に守られながら過ごしてきました。なので、お腹から出てきてもまだまだ慣れない環境に突如不安になったり、お母さんを探したりぬくもりを探したりします。

 

夜泣きの原因ははっきりと明確にはされていませんが、そういった理由ではないかといわれています。

 

赤ちゃんが寝るときには、体を包んであげるのが寝やすい環境になります。体を包んであげることで密着度や温かさもできるので安心します。包むだけでも泣き止む赤ちゃんが沢山います。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事