夜泣き

MENU

2歳の夜泣きの原因と対処法について~夜驚症って何?~

夜泣き

夜泣きは、一般的には生後6か月ごろ~1歳ごろに始まるものとされています。

 

ただし個人差も大きく、うちの子は夜泣きがなかったから楽だったわ~!と思っていたら、イヤイヤ期の始まる2歳ごろから突然激しい夜泣きが始まる子もいます!

 

ただでさえ昼間もイヤイヤで大変なのに、夜も泣くなんて・・・とヘトヘトになっているママさんもいるかと思います。2歳の子がなぜ夜泣きするのかということをしっかり理解し正しく対処して、子供の夜泣き時期を乗り切っていきましょう。


2歳の夜泣きの理由

1歳くらいまでの夜泣きの原因は主に脳の発達によるものと、睡眠サイクルがまだ未熟であることによるものが大きいとされています。そして、2歳になってからの夜泣きというのはそれだけではなく、さらに他の原因もからんできます。

 

一般的によく聞くのは、2人目・3人目の妊娠中もしくは出産後に、上の子が夜泣きをし始めるというものですね。これは赤ちゃんが生まれたことによるストレス、ママへの甘えが夜泣きとして現れていると考えられます。

 

他にも引越しをした、祖父母など他に預けられたなど、環境の変化により情緒が不安定になるというケースです。特に神経質な性格のお子さんはこの理由で夜泣きしやすいとされています。

激しく泣く!夜驚症って?

赤ちゃんのころの夜泣きと違い、2歳ごろからの夜泣きで、明らかにこれは違う!と感じる方もいるかと思います。泣き方がとにかく激しい、叫んだり暴れたりするなど。

 

これは夜驚症と言われる睡眠障害です。これは生まれつきの脳の素質で起きるもので、一般的に3歳~6歳で起こりやすく、小学校の低学年頃にはおさまるとされています。特徴としては、目を閉じたまま(寝たまま)泣いている。

 

激しく泣き、あやしたり抱っこをしようとすると逆に暴れる、朝目覚めたとき本人は全く覚えていないなどがあります。成長とともに自然と治まっていくものなので心配はいらず、特別な治療等も特に必要ないとされています。

夜泣きへの対応

一般的な夜泣きの対応としては、睡眠サイクルを整える為規則正しい生活をする、昼間は十分に体を動かして遊ばせる、子供の話をきちんと聞いてあげ、しっかり甘えさせるときは甘えさせてあげる、等で少しずつ落ち着いてくるでしょう。

 

ただし、夜驚症の場合は根本的な治療法と言うのは存在しません。成長とともにおさまってきます。なので、暴れて怪我をしたりしないよう、また眠りにつくまでしっかりと安全を確保し見守ってあげるということしかありません。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事