夜泣き

MENU

海外では赤ちゃんの夜泣きは放置ってホント?その理由は?

夜泣き

心や身体が未発達の赤ちゃんは、うまく眠る事ができないため夜泣きをしてしまいます。

 

赤ちゃんの発達とともに次第に治まっていく事がほとんどです。

 

逆に言えば、発達を待つ以外は対処方法があまりないとも言えます。赤ちゃんが成長してくれるのを、大人はどのように見守るのかが夜泣き対策には重要です。


赤ちゃんは未完成だから辛い

赤ちゃんは、内蔵機能が未発達のため自律神経もアンバランスな状態です。体温調整もうまくできないため、布団をかけただけでも身体に熱がこもってしまうこともあります。

 

また消化機能も未発達のため、大人にはわからないようなお腹の痛みを感じていることもあります。大人には想像もつかないような不快な状態になってしまう事が多いのです。様子を見ただけでは、何が赤ちゃんを泣かせているのか見抜けないため大人は困ってしまいます。

 

できることは、お腹を「の」の字にマッサージしたり、背中をトントンして自律神経を落ち着かせてあげたり、布団や室温の調整をしてあげる事です。赤ちゃんも身体の不快がなくなれば次第に落ち着いてきています。

夜泣きが治まるには脳の発達を待つ

赤ちゃんは、脳の前頭葉の発達が四歳ぐらいまでは未熟です。前頭葉は、不安を制御する働きがあります。夜になると、前頭葉は機能が低下するため、赤ちゃんは、ますます不安の制御ができなくなります。

 

そのため、昼間に受けた刺激が夜になると、うまく情報を処理できず泣いてしまうのです。これも脳の成長を待たなければ解決しない問題です。

 

ただ昼間にかまいすぎない、興奮させすぎないといった事は予防のためにできます。また左右の肩甲骨の間を5分以内さすると落ち着ける効果があります。ただ5分以上行ったり、強い力でさすると赤ちゃんには、刺激が強すぎるので気をつけましょう。

赤ちゃんの夜泣きを愛情をもって放置する

日本では、赤ちゃんが夜泣きをすると大人が必死に泣き止ませようとしますが、海外では赤ちゃんの安全を見守りながら放置することが多いのです。放置するのは、怠慢からくるものではなく、赤ちゃんに自分の力で眠る事ができるようになるトレーニングと考えられているからです。

 

また、大人も夜は疲れて眠いものです。そのような疲れた状態で赤ちゃんをあやしても、大人も泣きたくなるぐらい大変です。

 

夜泣きは、ほぼ毎日の事なので、親も疲労から情緒が不安定になります。そうなると親子関係がうまくいかなくなり、悪循環が続いてしまうのです。そのため、赤ちゃんが夜泣きをしても親は自分のペースを守りながら優しく撫でたり、歌を歌ってあげる程度にとどめます

 

赤ちゃんも夜泣きをしている時は、パニック状態なので、親が反応するほど興奮してしまいます。見守りながら放置することで、赤ちゃんにも大人にも負担の少ない状態で、赤ちゃんの成長を穏やかに待ちたいものです。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事