夜泣き

MENU

夜驚症って何?夜泣きとはどう違うの?放って置いても大丈夫?

夜泣き

子どもが夜中に突然泣き始めることは珍しくありません。

 

生後間もないころから夜中に泣くということはよくみられます。いわゆる「夜泣き」といわれるものです。

 

しかし、夜中に泣くだけではなく、悲鳴をあげたり泣き叫んだりしてパニック状態になる子どもも中にはみられます。これが夜驚症です。


夜驚症の症状とは?

夜驚症とは、子どもが夜中に突然泣き叫んだり、悲鳴をあげたりしてパニック状態になるという睡眠障害のひとつです。主に3歳~8歳くらいまでの子どもにみられる症状です。

 

すやすやと眠っていると思ったら突然目を覚まし、何かを恐がるように泣いたり叫んだりします。目を覚ましているかのように見えますが、実際には覚醒していないので、家族が起こしてもおきません。

 

入眠後、2時間から3時間後に見られ、数分間ほど続きます。深夜や早朝にみられることはまれです。これに対して夜泣きは、ただ泣くだけで、睡眠障害ではないので、ほとんどの子が経験する生理現象のようなものと考えられます。

夜驚症の原因はなに?

夜驚症は、睡眠中枢が未成熟なため睡眠と覚醒のリズムが整っていないことから起こるといわれています。

 

睡眠は、浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を繰り返すのですが、夜驚症はノンレム睡眠の時に怖い夢などを見て、半分目が覚めているような状態です。これを医学的には「部分的覚醒障害」といいます。

 

一方、心理的要因が原因ともいわれています。乳幼児は、日々目まぐるしい速度で成長しています。その成長に心がついていかない、つまりは、成長したい自分と成長を恐れる自分がいて、葛藤しているのです。その葛藤が夜驚症として現れます。

 

また、実体験で体験した怖い事柄が原因の一つになるとも考えられています。

夜驚症の治療法

夜驚症の多くは、成長とともに自然消滅していきます。これは、夜驚症が、脳や心の未成熟が原因だからです。ただ、上記でも述べたように「怖い体験」が原因のひとつとなっている場合もあるので、恐怖を取り除いてあげると夜驚症が治まるというケースもあります。

 

夜驚症は、周囲の人は睡眠不足になったりで大変ですが、本人には悪い影響がないので、自然に消失するのを待ちましょう。夜驚症に似た症状をする、てんかんなどの病気も考えられますので、他に気になる点があったら、医療機関を受診しましょう。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事