夜泣き

MENU

夜泣きで苦情が?マンションでの夜泣きを乗り越える3つの方法

夜泣き

赤ちゃんの夜泣きは、泣いている赤ちゃん以上にママのほうが泣きたい気持ちになります。しかも、マンションのような集合住宅では、隣近所への迷惑までも気にしなければなりません。

 

マンションでの夜泣きを上手に乗り越えるための3つの方法についてお話しします。


方法1:隣の家の寝室から離れた部屋へ移動する

通常のマンションは、いくつかの部屋で構成されています。しばらく生活していると、生活音から隣の家族がどの部屋で寝ているのか、または寝ていないのかを判断することができます。

 

赤ちゃんが夜泣きを始めたら、まず両隣の家族の寝室から離れた部屋へ抱っこして連れ出します。部屋をかえることによって、赤ちゃん自身も気分転換することができます。

 

また、部屋を一つ移動することで、音の伝わり方も大きく変わります。これだけでも、かなり隣への泣き声の伝わり方は軽減されるはずです。

方法2:隣近所へ赤ちゃんが生まれたら挨拶をしておく

赤ちゃんが生まれると、どんなに気を付けても騒音は増えてしまいます。まして、子供は大きくなるにつれ、大きな音を出すものです。

 

夜泣きは、夜中の静かな時に起きるためマンションでは、泣き声は響き渡ります。ある程度は、両隣に辛抱してもらうしかないのです。そのため、事前に出向いて挨拶をしておくことが大切です。

いつ、どうやって挨拶に行けばいいの?

タイミングとしては、赤ちゃんが生まれて里帰り出産から帰ってきたときや、出産後に退院して戻ってきたときがよいでしょう。

 

赤ちゃんが生まれたことを伝えることで、なにかあったときに助けてもらえるかもしれません。挨拶に出向くときには、お菓子やタオルなどの小さな手土産を持参し、赤ちゃんが生まれた子とと、これから泣き声で迷惑をかけるかもしれない旨を伝えましょう。

方法3:必要以上に泣き声を気にしない

夜泣きをすると、なぜ泣いているのか理由はわからないし、騒音で怒鳴られるのではないかと、ママはおろおろしていまいます。近所に迷惑だからと、外に連れ出すママがいますが夜に赤ちゃんと外出することは危険です。

 

隣近所に挨拶にいったら、ある程度はどんと構えていて大丈夫です。赤ちゃんの夜泣きは、ずっとつづくことではありません。一時のことです。

 

ママがおろおろしていると、その不安感が赤ちゃんい伝わり、夜泣きがひどくなってしまいます。ママが落ち着いて抱っこしてあげることで、夜泣きは時間が解決してくれることがほとんどです。

 

あまりに長時間の夜泣きの場合は、体調が悪いのかもしれません。体温を測るなどの対応が必要です。必要以上に気にせず、ゆったりと泣き止むのを待ってみてください。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事