夜泣き

MENU

ゆっくり寝たい!赤ちゃんの夜泣きの4つのうまいあやし方は?

夜泣き

慣れない中で、0歳の赤ちゃんを育てるのは大変ですよね。特に、夜泣きに困るお母さんも多いのではないでしょうか。

 

日中も慣れないことの連続なので、夜はゆっくり寝たいですよね。でも、夜泣きや授乳で数時間ごとに起こされて、ほとんど寝れないまま朝が来ることもしばしばです。

 

夜泣きの時に、うまいあやし方はないものでしょうか。


体力勝負!?ひたすら抱っこする

赤ちゃんが夜泣きを始めた時に、何とかして寝かせようとしますね。そんな時は、抱っこが効果的です。抱っこすると、赤ちゃんは安心するのか、少し泣いた後にすぐに寝てくれることが多いです。

 

ゆらゆらとゆらすと、さらに効果かあります。赤ちゃんは程よく揺れているのが大好きです。お母さんの子宮にいた時のことを思い出すからだと言われています。

 

でも、この方法は体力が必要です。赤ちゃんは軽いですが、ずっと抱っこしていると肩が凝ったりすることがあります。

背中や胸をトントンする

赤ちゃんによっては、この方法がとてもよくききます。背中がいいのか胸がいいのかは、それぞれの赤ちゃんによって違います。

 

軽く、規則的に叩くのがポイントです。強く叩いては眠りの妨げになってしまいます。トントンと叩くのがお母さんの心臓の音のようで、赤ちゃんは落ち着いてきます。背中や胸をさするのが好きな赤ちゃんもいます。

 

赤ちゃんの隣に添い寝して出来るので、お母さんもあまり体力を使わずにできます。

ミルクをあげたり、添い乳をする

赤ちゃんは、夜中にお腹が空いて泣くこともあります。オムツを替えたり、抱っこしたり、背中をトントンしても泣き止まないなら、お腹が空いている可能性もあります。ミルクをあげたり授乳をすると、飲みながら寝てしまうこともあります。

 

授乳の場合は、お母さんが赤ちゃんの隣に寝て沿い乳をしてあげると、とても楽です。お母さんもそのまま一緒に寝ることができます。

 

でも、あまり沿い乳をしすぎると、それがクセになって、沿い乳をしないと寝れなくなることもあるので、注意が必要です。

車に乗せてしばらくドライブ

赤ちゃんがなかなか寝ない時には、夜車に乗せて近所をドライブする人もいます。毎日はしんどいですが、どうしても寝ない時は試してみるといいかもしれません。

 

車は程よく振動するので、とても寝やすい環境です。ドライブを始めてすぐに寝てくれることも多いです。寝た後もしばらくドライブを続けて、深い眠りに入ったことを確認してください。

 

その後、家に連れて帰る時に起こさないように気をつけてください。家を暗くして、そっと抱っこして布団に入れてあげることが大切です。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事