夜泣き

MENU

夜泣きをした時のあやし方はどのようにすると効果的?

夜泣き

赤ちゃんの月齢が小さい時には夜泣きをしても、あやすのは簡単です。体重も7キロ、8キロということもあるでしょう。また赤ちゃんの力もそれほど強くありません。

 

そのために縦抱っこ、横抱っこ、どちらも自由にできることが多いです。月齢が大きくなるほど、少しずつ難しくなっていきます。その効果的なあやし方とは?


夜泣きのあやし方の基本は抱っこ

夜泣きの原因はたくさんありますが、いずれにしても夜泣きがあった場合には基本は抱っこしてあやす方法です。もしかすると夢を見ながら泣いている赤ちゃんもいるかもしれません。

 

またお母さんを探しながら泣いているかもしれません。いずれにしても夜泣きをし始めたら、赤ちゃんを抱いて安心させてあげるという方法が一番基本です。

 

その抱き方は赤ちゃんの好きな方法でOK!座って抱っこでもいいし、立って抱っこでもいい、また縦抱っこでも横抱っこでも問題ありません。赤ちゃんが一番心地よいと思う方法がいいですね。

一旦目を覚ましてからあやす方法

月齢が大きくなると赤ちゃんの体重も大きくなります。また力も強くなります。また時には抱っこであやすのを嫌がる子供も…。

 

でも夜泣きが続くと心配になりますよね。単に泣いているのでなく身体の具合が悪いのではないか?と心配になることも少なくありません。

 

原因がよくわからず、抱っこも嫌がるという時は一旦部屋を明るくして赤ちゃんをしっかり覚醒させる。そして、温かい飲み物などを飲ませて落ち着かせるというあやし方が大切です。

 

そうすることによって赤ちゃんも夜であること、周囲を認知することが出来るのです。

大きな月齢の子は抱っこひもを使用してあやす

夜泣きが長時間化する、あやす方法としての抱っこを嫌がるという時には、抱っこひもを使用しましょう。その方が赤ちゃんにとってもそれを保護する人にとっても安全ですし、快適な方法です。

 

月齢が大きな赤ちゃんが抱っこの途中でぐずった時、結構大変です。落ちる危険もあります。その点抱っこひもでしっかりカバーできたら安心です。

 

また体が密着することによって赤ちゃんが安心できることも多いのでしょう。その抱っこで落ち着いたら、今度は少し歩いたり、外を見たり、気分転換を図ることが出来ます

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事