夜泣き

MENU

日本と欧米の夜泣き対応の違いは?夜泣きは放置がベストか

夜泣き

子育てをしたことがある人なら誰でも悩んだことがある、赤ちゃんの夜泣きですが、日本と欧米諸国とでは、この夜泣きに対するベストな対処法が全く違っているようです。

 

日本と欧米諸国の夜泣き対処法の違いを比較してみます。


日本での伝統的な夜泣き対処法

日本では昔から、夜泣きをする赤ちゃんを母親が夜通しあやして、泣き止ませるといった対処法がとられてきました。

 

赤ちゃんの夜泣きがうるさいから、とか、夜風にあたると赤ちゃんが泣き止むことがある、などといった理由で、昔は赤ちゃんが夜泣きを始めるとお母さんがおぶって、家の外であやしていたという話もよく聞きます。

 

現代の日本ではそういったことは、あまり聞きませんが、それでも赤ちゃんが夜泣きをすると必ずお母さんやお父さんが起きて、抱っこや授乳などで眠るまであやすことが常識となっています。

欧米人ではあたりまえな対処法

これに反して、欧米では赤ちゃんが夜泣きをしても放置をしておくという対処法がとられています。欧米では赤ちゃんのころから、夫婦の寝室と子ども部屋を分けて寝ることが当たり前になっています。

 

日本人からみると、かなり不安になってしまいますが、欧米人の考え方は「夜泣きをする赤ちゃんを抱っこなどをしてかまうと、赤ちゃんが泣けばかまってくれると学習して、逆に夜泣きがひどくなる」というものなのです。

放置の良い点、悪い点

赤ちゃんの夜泣きは日本独自の現象と言われています。欧米では夜泣きをする赤ちゃんはあまりいないというのです。赤ちゃんは夜泣きをするのが当たり前な日本ではかなり驚きなことです。

 

欧米の「夜泣きをしても放置する」という方法のおかげで、赤ちゃんの夜泣きがなくなっているというのは、毎晩の夜泣きに悩まされているお母さんたちにとってはかなり朗報に思えます。

 

しかし赤ちゃんは泣くことで意思表示をしているともいわれています。体調が悪かったり、何か異変が起こっているのに、夜泣きだと勘違いして放置していると取り返しのつかないことにもつながりかねません。

 

また、赤ちゃんが「サイレントベビー」になってしまう可能性もでてきます。サイレントベビーとは、赤ちゃんが「どうせ泣いてもお母さんは何もしてくれない」と学んで、意思表示をしてくれなくなる現象なのです。

 

夜泣きの放置も良い悪いがありますが、実は欧米でも日本のスキンシップ重視の子育てが注目されています。どうしても体調が悪い時は、様子を見つつ放置する方法もいいですが、やはりスキンシップは大切なのです。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事