夜泣き

MENU

赤ちゃんの夜泣きに対するイライラを減らすために?

夜泣き

赤ちゃんを育てる上で、母親がとても辛いのが睡眠不足になることです。新生児期から授乳のために細切れ睡眠がとれないことに加え、しばらくして夜泣きが起こるとますます睡眠はとれずにイライラしてしまいます。

 

赤ちゃんが泣くのは仕方がないとわかっていても、イライラが爆発しそうになります。睡眠不足は人を冷静でいられなくさせてしまうのです。ではこのイライラを解消させるためには、どうしたら良いのでしょうか。


限界が来る前に少し離れる

夜泣きの間、何とか寝かせよう、泣き止ませようと、抱っこをしていると、母親の方も次第に疲れてなぜ泣き止まないのかとイライラしてきてしまいます。もう限界!と爆発してしまう前に、少し赤ちゃんから離れましょう。

 

例えば赤ちゃんをベビーベッドにおいて安全を確保しておき、自分が別室に離れてもかまいません。ずっとあやさないといけない、早く泣き止まさないといけないことはありません。少し泣かせたままにしておいても、大丈夫です。

母親一人だけで頑張らない

特に専業主婦の母親が自分は家にいて、夫は仕事だからと夜泣きを一人で引き受けてしまうことが多いです。

 

しかし毎日これが続くと母親が限界を迎えてしまいます。夫にたまには協力してもらえるようにしましょう。

 

夜泣きに対応するのを少しだけ代わってもらって、母親が睡眠をとるだけで、だいぶイライラは解消されます。

 

また休みの日は夫に預けて昼寝をする、可能であれば一時保育に子どもを預ける日を作り、母親が休養をとれるようにするなど、一人で抱え込まないようにします。

昼間に睡眠を補う

夜泣きをして夜に起きている時間が多い赤ちゃんは、昼間には眠くなり寝ている時間もあると思います。そういった時間に家事をこなすのではなく、自分も一緒に赤ちゃんと昼寝をします。その間に家事が手抜きになってしまっても、構いません。

 

とにかく睡眠時間を確保することで、イライラが解消されることが多いです。

相談する人を作る

夜泣きについて同じ境遇にある母親、経験者、専門の相談機関などに相談して気持ちを吐き出すことで、すっきりとすることができます。

 

今はネットで同じ境遇の人と出会うことができますし、相談機関は市の保健センターなどに設置してありますが、共感するように聞いてくれます。

 

自分の辛い気持ちを抱え込んでいたら、ますますイライラするばかりで、これを吐き出すことができる場所は大事です。

 

夜泣きはとても辛いものですが、必ず終わりがきます。その時期をなるべくイライラしないように乗り越えるために、試してみてください。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事