夜泣き

MENU

夜泣きでママがうつ病に!それぐらい夜泣きは辛いもの

夜泣き

赤ちゃんが泣いたら昼間でも気になるものですが、特に夜泣きは育児をするママを悩ませるものです。昼間に比べて夜間はママ自身の睡眠時間でもあり、眠気がピークにきてしまう、昼間の疲労が蓄積して疲れ果ててしまうなどがあります。

 

夜泣きに悩まされる中で、うつ病にまで発展してしまうママもいます。うつ病のような症状になった時にどうしたら良いのでしょうか。


赤ちゃんの育児を他の人に協力してもらう

うつ病になるママは、一人で育児を背負い込んでいて、頑張りすぎている傾向があります。特に昼間に一人で育児をしていて、夜泣きも一人で対処しようとしている人は、うつ症状が出てきたらすぐに周りの人に協力を得るようにしましょう。

 

夜泣きの時に夫に協力をしてもらって睡眠時間を作る、昼間に母親に短時間預けて仮眠するなど自分だけではなく育児の協力者を作りましょう。まず体を休めることで、心も休まります。

いつまでも続かないということを意識する

夜泣きの最中にいる時は、これがいつまで続くのかということが冷静に考えられず、ずっと続くような錯覚に陥ってしまうことがあります。しかし実際には、この状態はずっと続くものではないのです。

 

成長するとともに落ち着いてきますし、数日後、数週間後には嘘のように解決しているかもしれません。そういったことを意識して、今だけのことと思う気持ちだけで違うので、うつ病になったりうつ病になっ場合に悪化するのを防げます。

心療内科に相談する

うつ病になりそうな時、なった時は、心療内科に受診をして、専門医の指示を仰ぐことも大事です。自分でできる方法を試してみても効果が得られない場合は、心療内科を受診してみましょう。

 

うつ病の薬というと副作用が気になる方が多いと思いますが、漢方薬などで解決できる場合もありますし、医師に話を聞いてもらうと気が楽になったという場合もあります。症状に合わせて薬を処方してもらえるので、早めに受診する方が早めに治る可能性が高くなります。

 

夜泣きに悩まされてうつ病になってしまうと、育児が今まで以上に辛いものになります。おかしいなと思うことがあれば、それを放っておいてはいけません。うつ病になって心理的に余裕がなくなると、それが赤ちゃんに伝わって悪循環を起こすこともあるので、早めに対策を考えましょう。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事