夜泣き

MENU

頑張り過ぎないで!夜泣きでうつ病になりそうなママへ

夜泣き

生後6ケ月頃から始まることが多い赤ちゃんの夜泣きですが、さすがに毎晩続くとママも寝不足になってしまい、辛い日々が続きます。

 

「いつになったら、終わるんだろう。」と先が見えずについつい自分を追いつめてしまいます。1人で問題を抱え込んで、家に引き籠ってしまうのは、ママが育児うつ病になってしまう可能性があり、危険です。

 

赤ちゃんの夜泣きからママを守るための方法をご紹介します。


夜泣きの原因を探り過ぎない

夜泣きは、授乳リズムが整い始め、1日のリズムが出来あがってくる生後六か月頃に始まることが多いと言われています。実は、夜泣きの原因は、まだはっきりと解明されていません。

 

ただ外からの刺激が強かった時やいつもと違う生活リズムになると起こりやすいという傾向があります。環境の変化を捉えることができるようになった赤ちゃんの成長の証ということができます。

 

育児に一生懸命なママは、「何がいけなかったのだろう。お出かけがいけなかったのかな。」などと必死に理由を探ろうとするでしょう。

 

しかし、夜泣きの原因を探り過ぎて、日中の行動を制限していては、ママの心の状態が不安定になってしまいます。無理なスケジュールを立てるのはよくありませんが、夜泣きは赤ちゃんの成長の証と捉えて、日々の生活を楽しみましょう。

手抜き息抜きをして、頑張り過ぎない

夜泣きは、一生の中でみれば、ほんの一時のものです。ですので、夜泣きでママの体が辛い時は、家事も育児も手抜きをしましょう。うつ病になりやすいママは、何でも完璧を求める傾向があるので、自分の思い通りにスケジュールが進まないとイライラしてしまいます。

 

しかし、赤ちゃんの育児には、時間の概念は通用しません。赤ちゃんのペースに合わせて、一緒にお昼寝をして体を休めたり、ご飯が作れなかった時は、レトルトや市販のお惣菜を利用するなどして、手抜きをするようにしましょう。

周りに協力を求める

もし、両親や兄弟を頼ることができるなら、時には助けを借りましょう。昼間、赤ちゃんの面倒をお願いすることができれば、ママも体を休めたり、気分転換に外出をすることで、うつ病を予防することができます。

 

近くに頼る人がいない場合は、児童館や保健センターなどで保育士や保健師に話を聞いてもらうのも良いでしょう。夜泣き経験のある人からアドバイスをもらうことができますし、託児サービスなどを紹介してもらえることもあります。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事