夜泣き

MENU

赤ちゃんの泣き止まない!夜泣きの時の4つのあやし方は?

夜泣き

夜泣きで効果的なあやし方があったらどんなに楽だろうと思った時がありませんか?特に夜中は、赤ちゃんの鳴き声が響き渡り家族が起きたりしないだろうか?近所迷惑になったりしないだろうかと昼間に比べ神経質になる場面が多くあります。

 

早く泣き止ませたい。ママの睡眠不足も勿論ですが気持ちの疲れもありませんか?夜泣きに効きそうなあやし方見つかるといいですね。


あやし方1:スキンシップ

夜泣きの原因ははっきりとわかりませんが、色々な事が刺激になって眠りの浅い時間帯に夜泣きという形で現れます。赤ちゃんにとって一番の安心材料はママ。

 

おっぱいやおむつでなかった時は、まずは背中やお腹をさすりながらトントンを軽く触れてみる。夢中になってくると手にも力が入ってくるので、強くならないように注意が必要です。

 

そしてその子によって違いますが、眉毛をなでで見たり、眉間の所をさすってあげたりと、ママの存在をアピールしてみましょう。添い寝で出来るので省エネ対応です。

あやし方2:声がけ

泣き方が少し強かったり、スキンシップでも泣き止まない時は耳元で名前を呼びながら子守唄を歌ってみてください。優しいママの声にまた睡眠へと戻る場合があります。

 

こちらも添い寝で出来るので省エネ対応です。

あやし方3:抱っこ

さて、それでも泣き止まないか、いきなり強い鳴き声から始まる場合はママも起きて抱っこをしてあげてください。今日は横抱きではなく縦抱きが落ち着いたりと変わってくる時もあるので色々な方法を試してみてください。

 

スリングなどあると長時間疲れないので助かります。勿論その際はトントンと声がけも同時進行です。ここまでくるとママのストレスもあると思いますので、ママもリラックスできる音楽もかけたり温かいものを飲んだりと自分のケアも忘れずに。

あやし方4:最終手段

鳴き声が気になって仕方がない方には、一旦電気をつけて起こしたうえでまた寝かせつけるか、夜のドライブをおすすめします。ママも寝ぼけた状態では危ないので、一旦温かいものを飲んで気持ちを落ち着かせて、好きな音楽でドライブ。

 

結構30分で寝たりします。当たり前のような対応ですが、赤ちゃんそれぞれ違うので各家庭での工夫が必要です。

 

今日は50周で寝たとか、今日は100週だったとか楽しんでいました。そして、夜泣きのあやし方と同時に、朝の太陽の光を浴びたり昼寝時間は1時間半にとどめるといったような生活リズムを作る工夫が一番大切かもしれません。

 

今は大変でしょうか、いつかは泣き止む時期が来るので、家事を怠けつつ赤ちゃんとママの体優先で乗り越えていきましょう。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事