夜泣き

MENU

夜泣きのあやし方はどうすればいいの?効果的な3つの方法を紹介!

夜泣き

赤ちゃんの夜泣きが続くと、イライラしたり気が滅入ってしまったりするお母さん、お父さんも少なくありません。赤ちゃんは眠りが浅いため、ちょっとした音や刺激で覚醒してしまいます。

 

夜泣きは生後半年前後から、長くて3歳頃まで続く子もいます。そこで、夜泣きを軽減するために効果的な方法をご紹介します。


テンポにも注意?抱っこしてあやすのが王道!

まず、手軽にできておすすめなのが、横抱きで抱っこしながら歌ったりガラガラのおもちゃを使ったりしてゆらゆらとあやす方法です。抱っこしながら歩くのも効果的です。

 

話しかけつつ歩いたり、子守唄を歌ったりしながら家の中をぐるぐるとゆっくり歩きます。1歩進んで2秒ほど待つとより効果があります。

 

抱っこしながら、リズムを取ってあやすという方法もあります。赤ちゃんがお母さんの胎内にいるときは常に揺れている状態にあるため、あやすテンポもお母さんの心拍数に近い1分間に60回程度にすると、赤ちゃんも安心して眠りに入ることが出来ます。

音楽を聴くと眠りにつく赤ちゃんも?

赤ちゃんを寝かせるときに音楽を聴かせるのも効果的です。しかし、音楽ならなんでも良いというわけではなく、お母さんの胎内にいたときの1分間に60回というテンポが最も効果があります。

 

また、赤ちゃんが胎内で聞いていた音がYouTubeにもありますので、そのような音を探して聴かせてあげると良いかもしれません。「カノン」をオルゴールで聴かせるという方法もあります。

 

また、音楽ではありませんが、ドライヤーや掃除機の音を聞かせると泣き止むこともあります。これは、ドライヤーなどの音が胎内にいた頃の音に似ているためとされています。

外に連れ出してみるのも効果的です!

環境を変えて赤ちゃんの気分を変えてみるのも効果的な方法です。赤ちゃんを抱っこしてベランダに出てみたり、外に出てみたりすると、それまで火が付いたように泣いていた赤ちゃんがぴたりと泣き止むことがあります。

 

そして、大きな効果が期待できるのが車に乗せてドライブすることです。車の振動は赤ちゃんの眠りを誘い、いつのまにか寝ているという場合も多いようです。

 

ただ、夜中にドライブはお母さん・お父さんも大変なので、手軽にできることから始めてみると良いでしょう。赤ちゃんに合った方法を探してみてください。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事