夜泣き

MENU

夜泣きでうつ病になるケースもある!改善のポイントは周囲のサポート

夜泣き

赤ん坊の夜泣きというのは成長の過程で起こることなので、ほとんどの親が経験しています。ですが夜泣きの程度は個人差があり、また親の育児環境や性格だって様々です。

 

夜泣きで寝不足で母親がうつ病になってしまうケースも決して少なくありません。なので夜泣きとうつ病の関連と対策について紹介していきます。


夜泣きで母親がうつ病になるケースもある

赤ん坊は寝るのが仕事というくらい寝ているイメージが強いのですが、実際の所生後半年から1歳くらいの間に夜泣きが始まるケースが多いのです。

 

そして夜きちんと眠ることが出来ないというのは非常にストレスが溜まります。さらに夜泣きで寝てくれない赤ん坊に対してイライラしてしまったり、その事で落ち込んでしまったりと悪循環に嵌ってしまう母親は少なくありません。

 

しっかり赤ん坊の世話をしないとと思っている責任感の強い、真面目は母親ほどうつ病になりやすいので注意が必要です。

まずは夜泣き対策を行う

赤ん坊の夜泣きでうつ病になってしまった場合に最初に行うべき事は、夜泣きの対策をすることです。病院にいってうつ病の薬を貰ってもそれは根本的な解決になりません。

 

赤ん坊が泣く原因としては何かしら不快な状況である場合、もしくは体内時計がズレてしまっていて眠ることが出来ないといった可能性もあるので、太陽の日を浴びさせて体内時計をリセットするのも夜泣き対策のひとつです。

 

また赤ん坊は母親の不安やイライラを感じとって泣いている場合もあるので、赤ん坊と接する時には笑顔で接するように心がけましょう。

夜泣き対策だけではなくうつ病対策も必要

勿論夜泣き対策だけではなく同時にうつ病対策をする必要があります。酷い場合はやはり病院に行ったり、カウンセリング等を受けるといった必要もありますが、うつ病を改善する為に本当に重要なのは育児環境を改善することだと言えます。

 

夜泣きてうつ病になるケースは、母親が周囲のサポートを受けれず孤立奮闘している状況である事が多いのです。まずは旦那さんに育児に協力してもらうようにしましょう。

 

家族のサポートが得られない場合はファミリーサポート、保育園の一時保育、託児所で昼間に数時間赤ん坊を見てもらえるだけでも精神的な負担が大分違ってきます。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事