夜泣き

MENU

放置すれば泣かない?海外にみる夜泣きの違い!

夜泣き

隣に寝ている我が子が少しでも声を上げれば不思議と目が覚めてしまう母性。それで睡眠の質が低下し、寝不足につながります。

 

こんなに大変な夜泣きというのは日本独自のものなのでしょうか?親と子の接し方も異なる外国の育児に見る夜泣きと親子の距離の関係性は?


海外の夜泣きとは

海外にも日本の子供たちのような夜泣きがあるのでしょうか。

国境を越える夜泣き

もちろん、日本以外の国の赤ちゃんも夜中にお腹が空いたり、不安になったりして夜泣きをします。アメリカでは乳幼児の睡眠をサポートする団体などもあり、日本よりサポート体制が整っています。

日本と海外の育児の違いは?

私たち日本人と海外の育児文化にはどのような違いがあるのでしょうか?子供を養護する日本の育児と子供の自立を高める欧米の育児の違いとその夜泣きの違いについてまとめてみました。

日本式育児

日本では昔から添い寝。という生活スタイルが一般的です。赤ちゃんのそばにいて何か異変があればいち早く対応してあげたい。そう思うのが日本式母心ではないでしょうか。また、育児放棄(ネグレクト)と捉えられ兼ねないという不安もあります。

 

夜泣きをすればいち早く抱き上げ、我が子の欲求をできる限り満たして穏やかに眠りに就けるようにあげようとします。

欧米式育児

欧米では赤ちゃんの時から自分の部屋で寝かせることが一般的です。これは我が子の自立を目的としており、夜泣いた場合でもすぐに抱き上げたりはせずに、様子を見守ります。そのうち、赤ちゃんも一人で寝むれるようになっていきます。これは赤ちゃんに睡眠サイクルを教えることにつながり、生後3か月の頃には夜泣きがなくなっていきます。また、添い寝が乳幼児突然死症候群の原因になりうるという説もあり、同室で睡眠を取る場合も、添い寝はせずに、ベビーベッドを使用し別々に寝ます。

 

日本の住宅事情もありますが、どうしても泣き声が近所のみならず家族に対しても迷惑なものと捉えがちです。しかし、欧米では赤ちゃんは泣くものだというあっさりとした捉え方で接しています。

放置育児のデメリットはないのか

赤ちゃんを母親から離して育児することで、心の成長への弊害など、欧米式自立育児のデメリットはないのでしょうか。

cryitout

欧米で泣いている子供を泣かせたままにして様子を見て部屋を出るを続ける育児文化がありますが、そのことでサイレントベビーなどにはならないのでしょうか?夜間の睡眠を見守ることによる子供の情緒の安定への影響はないと言われています。愛情を持って見守っている分にはネグレクトにも当たりませんし、特に問題はありません。

サイレントベビーとはどんな状態でしょうか

サイレントベビーとは泣いて欲求を訴えているにも関わらず、全くそれが満たされない状態が続くことによって泣くこと自体を止めてしまう赤ちゃんのことです。泣いたり、笑ったりという表情が極端に乏しい赤ちゃんは、成長してもコミュニケーション能力に劣る傾向が見られます。

日本式放置のススメ

出来る事なら、私だって放置して眠りたい!とはいえ、すぐにお子さんの夜泣きを放置なんてできませんよね。そこで、日本式の夜泣き放置の方法を考えてみました。

安心を与えることに努める

毎回抱き上げて授乳するのではなく、泣きだしたら隣に寝て体を優しくさすってあげたり、トントンと軽く叩いてあげるなど、ママはここにいるよ。大丈夫だよ。と静かに声をかけて安心させる。長時間の放置は不安が増すことになりますので、10分以上経っても泣き止まない場合は欲求をくみ取ってあげるといいでしょう。

昼間の生活で少し放置してみる

赤ちゃんが第一子であると特に赤ちゃんの欲求は常に満たされる状態が続きがちです。ちょっと泣いてみたら、誰かが必ず抱き上げてくれる。背中にセンサーがあるかのように、布団に置いたら泣くんです。というのはよくある話です。

 

暇だからかまってよ!という些細な欲求も通ってしまう赤ちゃんがちょっとわがままになっている状態です。こんなときは、ママが昼間家事をする間は泣いても絶対に抱かずにベビーベッドなど安全な場所で放置してみましょう。欲求を切り替えるというのは脳にとってとても高度なことですが、毎日繰り返すことで赤ちゃんも一人遊びをしたり、周りをきょろきょろ観察したり、ちょっとした成長が見られるようになります。

眠りをサポート

眠りに効果があったり、自律神経によい音楽や自然の音、鼓動などの音楽も多数存在します。また、家庭用プラネタリウムのような投影機やオルゴールなど赤ちゃんの泣き止むお気に入りを探して利用することで眠りの儀式が出来てよい睡眠導入につながります。

睡眠導入の儀式

お子さんの年齢を重ねて来たら、絵本の朗読や灯りを暗くしていくなど睡眠導入の儀式を決めていくようにします。また、朝起きたらきちんと朝日を浴びて、朝ご飯を食べることで体内時計がリセットされ、生活サイクルが正しくできるようになっていきます。

育児に対する姿勢の違い

夜泣きを放置することが悪いことではなく、それ自体が我が子の為を思っての方法であれば、赤ちゃんが泣き疲れて眠るまで泣かせてあげてもいいです。寝不足で、イライラして育児を続けるより、早めに睡眠リズムが出来て寝不足からの早い解放が期待できます。

 

最近は、育児中もスマホが手放せない「ながらスマホ」ママも多くいます。赤ちゃんの方を向いていない育児がサイレントベビーを生み出します。大切なのは、赤ちゃんを見て赤ちゃんの成長と向き合って育児をすることなのです。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事