夜泣き

MENU

夜泣きはいつから始まるの?注意が必要な3つのピークと主な原因を教えます!

夜泣き

初めて赤ちゃんを迎えたパパやママにとって、幸せであると同時に心配なこともたくさん待ち受けています。その中でも最初にやってくる試練が夜泣きです。

 

いったいいつから始まるのだろうとひやひやしてしまいますが、一般的に多いと言われる時期やその理由を知ることによって心構えができてきます。その月齢が近付いてきたり、その兆候があらわれてきたら、そろそろかもと覚悟をすることも慌てずに済む方法です。


個人差が大きいことを理解する

一般的には夜泣きが始まる月齢には3つのピークがあると言われていますが、個人差が大きいのが現実です。肉体的な成長度合いはもちろん、性格や情緒の発達はなかなか目には見えにくく、どの部分が夜泣きと関連しているのかもわかっていません。いつ始まるのかは、その子の個性によるものであることは理解しておきましょう。

兄弟姉妹でも全く違う!

夜泣きはその子その子で違うので、1人目は全く夜泣きをしなかったのに、2人目は毎日のように泣いてしまって全然眠れないということもよくあります。反対に、上の子が激しかったから覚悟していたら、下の子のときに拍子抜けしてしまったということも…。大切なのはパパやママが神経質になりすぎず、しっかりと向き合ってあげることなのです。

第一のヤマは2か月から3か月!

まず最初のピークは、生後2か月から3か月のころにおとずれます。赤ちゃんのお世話に慣れたころですが少しずつうまくいかないことが増えてきて、気が付くと夜泣きが始まっていくのです。

身体的な欲求や不満であることがほとんど

このころの赤ちゃんの夜泣きの原因は、ミルクの不足や室温などからくる身体的欲求・不満であることが多いです。少しずつミルクをまとまって飲むようになってきて今までと同じ量では足らず、すぐ起きてしまったり飲み足りなくて泣いてしまうのです。また、2~3か月経つと季節が移りかわってくるので、着ているものやかけているもの、室温・湿度などの調節がうまくできていないこともよくあります。

まだ昼夜の区別がない

このころの赤ちゃんにはまだ昼夜の区別がついていません。少しずつ分かり始めるころなので、夜に泣くことが増えてきたら昼間寝ている時間を少しずらしてみたり、生活のリズムを整える練習を始めていきます。

外の世界を理解し始める

眠ってばかりいた新生児期とは違い、少しずつ起きている時間が増えてくるこの時期は、赤ちゃんがお腹から外に出てきたことに気がつき始めるころでもあります。お腹の中で守られていたときとは違うということを理解し、不安から泣いているのです。お腹の中にいたときと同じように守ってくれる存在がちゃんといるということを感じさせ、安心させてあげましょう。

第二のヤマは5か月から6か月!

生後5か月から6か月は最も多いと言われる時期です。このころの夜泣きは身体的な成長が原因なので、昼間の赤ちゃんの様子をよく観察しておくことが重要です。

体力がついてくる

生後5か月ともなると、首が座って寝返りを始めるなど身体的発達が目覚ましいときです。それに伴い体力もついてくるため、運動量が足りないとこれまでとお昼寝の時間がずれ始めたり、生活のリズムが狂い始めます。それが夜泣きを引き起こすのです。

歯が生え始める

個人差はありますが、このころに最初の歯が生え始める子が多いです。これまでに経験したことのないむずがゆさや違和感が夜泣きの原因となります。

第三のヤマは1歳から1歳半!

夜泣きのない子なのかと安心したのもつかの間、1歳を過ぎたあたりで最後のピークがやってきます。このころ歩き始め、行動範囲が広がるとともに様々な経験をすることになります。昼間の行動を夜に脳内で処理しきれずに夜泣きをする子が増えるのです。

断乳がカギ!

このころの赤ちゃんの夜泣きの原因として大きいものは、断乳です。1歳前後で断乳をするママが多く、赤ちゃんの方にその準備ができていないと夜泣きにつながります。断乳する際は、本人が納得できる時期を選ぶのがおすすめです。

2歳・3歳になっても要注意!

これらのピークを無事に乗り越えたと思っても、全く夜泣きをしないとは限りません。2歳、3歳になっても突発的に夜泣きは起こるのです。ただ、このころの夜泣きは持続することはなく、頻度も少ないです。

環境の変化が要因である

このころの夜泣きの原因として特徴的なのは、環境の変化によるものだということです。この年代になると、下に弟妹ができたり幼稚園や保育園に通い始めたりと、ママと離れる時間が多くなってきます。その淋しさや不満が夜泣きとしてあらわれるのです。

 

夜泣きの有無はもちろん、始まる時期や原因もその子によってまちまちです。いつ始まるのかとドキドキするよりも、いざ始まったときにどう対処するかのほうが大切です。

 

夜泣きはある日突然に始まります。いつ始まっても慌てなくて済むように、普段から赤ちゃんの様子をしっかりと観察し、いつもと違う様子があれば原因として疑って取り除いてあげられるようにしましょう。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事

関連ページ

赤ちゃんの夜泣きっていつから始まるの?
赤ちゃんの夜泣きに年齢や時間帯は関係あるのか?
赤ちゃんの夜泣きのピークを乗り切るには
毎日眠れずしんどい!「赤ちゃんの夜泣き」っていつまで続くの?
人見知りが始まると生後4ヶ月頃から赤ちゃんの夜泣きが?
赤ちゃんはいつから自我に目覚めるのか?
赤ちゃんの夜泣きのピークは10ヶ月!?
悩みのタネの夜泣きは睡眠サイクルを作ることで終わる!
夜泣きはいつまで続くの!夜泣きの原因と対策方法は?
赤ちゃんの夜泣きはいつから始まっていつまで続くの?
夜泣きいつから始まるの?ピッタリ泣き止む方法は?
うちの子はまだかしら?夜泣きはいつからはじまるのか
夜泣きが心配!赤ちゃんの夜泣きはいつから始まる?
ある日突然夜泣きが!夜泣きの時期と原因とその対応の仕方は?
夜泣きはいつから?原因は何?困った時の対処法とは
夜泣きがいつから始まるのか不安!夜泣きは個人差が大きいってホント?
新生児の夜泣きはなぜ?赤ちゃんが発する4つのサインだった
赤ちゃんの夜泣きは成長の証!生後6か月の赤ちゃんの夜泣き対処法は?
新米ママ必見!赤ちゃんはいつから夜泣きを始めるの?
夜泣きはいつからなぜ始まるのか!夜泣きした時の接し方!
赤ちゃんの夜泣きはいつから?子どもによってバラつきがあります!
イヤイヤ期に夜泣きになにか対策はあるの?環境を整えることが大事!
夜泣きはいつからはじまるの?なぜ夜泣きをするの?
赤ちゃんの夜泣きっていつから始まるの?効果のある対策とは?
ママもつらい夜泣きはいつまで続くの?どんな対策があるの?
生後二か月の赤ちゃんの夜泣きを前向きに乗り切る5つの対策
夜泣きはいつ頃どんな赤ちゃんに起こるか?
生まれてから始まる寝不足の日々!どのように克服したらいいのしょうか
行動範囲が広がる3歳!夜泣きにつながる楽しい刺激と怖い刺激!
夜泣きはいつまで?2歳を目標に、その日その日を乗り越えていこう!
6か月から始まった夜泣き!いろいろ試して添い寝で解決は?
夜泣きはいつまで続くの?必ず終わりはあります!
新生児期の夜泣きはどうすればいいのか?生活リズムを整えよう!
赤ちゃんの夜泣きいったいいつまで?体力がつく2歳までがひとつの目安
3歳でも夜泣きしているのは大丈夫?成長過程と捉えて
赤ちゃんの夜泣きはいつまで続くの?眠れなくて辛い時期には終わりが来る?
新生児の夜泣きは辛い!泣き止ませる方法ってあるの?
実は多い!1歳の夜泣き。その原因と対策は?どうすれば乗り越えられる?