夜泣き

MENU

5か月でなぜ夜泣きを始めるの?優しく見守るための対処法!

夜泣き

大変だった夜間の頻回授乳も少しずつ回数が減り、やっと少し眠れるようになってきたのに今度は夜泣き…。一体いつになったらまともに寝れる日がくるのだろうと、途方に暮れてしまいます。

 

夜泣きの始まる時期は赤ちゃんにより様々ですが、今回は一般的に最も多いと言われる5か月の赤ちゃんに関しての原因と対策をご紹介します。


5か月は体力がついてくる時期

ただ寝てばかりだったねんね期を終え、首がすわって寝返りを始めるのが5か月ごろです。ねんね期のころとは違い、体を動かすだけの体力がついてきました。これまでのような生活では体力が残ってしまってうまく眠りに入っていけないのです。

うつ伏せやスキンシップで運動を!

寝返りをする赤ちゃんは、少なからずうつ伏せが好きな子です。うつ伏せの状態はこれまでとは視界が変わり、赤ちゃんには新たな刺激となります。また、話しかけると反応が返ってくるようになるので遊びやすくなります。歌遊びやベビーマッサージなどを取り入れて、赤ちゃんを適度に疲れさせてあげましょう。

規則正しい生活を心掛ける

昼夜の区別がついてきて、生活リズムが作りやすい時期です。大人でも不規則な生活をしていると、なんとなく体がだるかったり夜眠れなかったりするものです。まだ身体の機能が未熟な赤ちゃんではなおさらなので、そのような不快感をなくすために、大人がリズムを作ってあげられるよう調整します。

夢を見るようになるのも一因

このころになると、日中起こった出来事を夜寝ている間に脳内で処理するようになります。結果として夢を見るようになり、それが夜泣きへとつながっていきます。

スキンシップで安心させて

夢を見た赤ちゃんが泣くのは、何かいつもと違う感じがしたり不安を感じたりするからです。抱っこや授乳など、赤ちゃんと触れ合って体温を感じさせてあげましょう。大好きなママやパパとのスキンシップが一番の薬です。

お腹がすいている

3か月を境に夜間の授乳が減っていたはずなのに、5か月ころになって再び頻繁に起きるようになってきます。これは、体力がついてきて一段とお腹がすくようになることが原因です。飲む量もピークをむかえるため、すぐに空腹となり目が覚めてしまうのです。

ミルクを足してみる

このころになるとママのおっぱいも頻繁に張るということがなくなってきます。赤ちゃんの飲む量に生産量が追い付いてないこともあるので、試しにミルクをあげてみるのも良いでしょう。腹もちの良いミルクに変えることで夜起きる回数が減ります。

添い乳でママの睡眠時間を確保する

母乳で育てているママは、夜何度も起こされると睡眠不足に陥ります。もう首もしっかり座っているので、夜間は添い乳にすると比較的楽になります。自然と添い寝する形になるので、赤ちゃんの入眠もスムーズです。

寝返りによって目が覚める

5か月ころになると寝返りをする赤ちゃんが増えてきます。日中、寝返りをしては戻ることができずに泣いてしまう子も多いのですが、夜間にも同じことが起こります。無意識のうちに寝返りをしてしまい、目が覚めて泣いてしまうのです。

うつ伏せでトントンしてみる

赤ちゃんにとってうつ伏せの姿勢は、入眠しやすいものです。うつ伏せ自体が嫌で泣いているのではなければ、そのまま背中をさすったりトントンしたりして寝かせてみましょう。突然死を避けるために、深く眠ったら仰向けに戻してあげるようにします。

周囲の環境の変化によって泣く

夜中に空腹などで目が覚めた赤ちゃんは、周囲が真っ暗だったり誰も見当たらなかったりと、寝入ったときとの環境の変化によって不安を感じるてしまいます。赤ちゃんが戸惑うことのないよう、寝かしつけの際も電気を真っ暗にしたりとあまり環境を変えないようにしておきます。

寝入ったときと同じ方法で再入眠を

抱っこで寝かしつけていたなら抱っこを、添い寝していたのなら添い寝をすると、赤ちゃんは再び安心して眠ることができます。夜中に起きてしまっても、ママやパパは変わらずそばにいること、何も不安に思うことはないということを理解させてあげます。

おやすみグッズを見つけてあげる

その子にとっての「ライナスの毛布」のような、安眠グッズを見つけてあげます。寝かしつけのときからお気に入りのタオルやお人形などを一緒に布団にいれてあげ、夜中に目が覚めても安心できるよう近くにおいておきます。ただ、窒息防止のため顔のそばには置かないよう注意が必要です。

 

生後5か月ころの夜泣きは、一度睡眠のリズムがつきかけていただけにより一層辛く感じてしまうものです。しかし、これまでとは違い、赤ちゃんに体力がついてきたり周囲を認識し始めてきたり、成長の証でもあるのです。何度も起こされてしまうのは精神的にも体力的にも苦しいものですが、成長の過程と思ってゆったりと付き合ってあげましょう。

 

また、ベビーベッドで寝ている赤ちゃんは寝返りで柵にぶつかってしまうなど、寝辛くなる時期でもあります。同じ布団で寝るようにすると赤ちゃんも自由に寝返りが打て、ママが近くで眠ってくれていることに安心をしてぐっすりと眠るようになります。

 

子どもと同じ布団で眠れるのは、長い目で見るとほんのわずかな時間です。夜泣きが始まったら自分の布団に入れてあげ、赤ちゃんとともに眠る時間を大切にしながら乗り切っていきましょう。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事

関連ページ

初めての大きな関門!新生児の夜泣きの原因と対策は?
新生児期はほんのわずかな時間。夜泣きを家族の時間に変えて、思い出作り!
新生児の夜泣きとは?どうして夜寝ていても泣いてしまうの?
生後0か月の赤ちゃん(新生児)に夜泣きはあるの?
生後1か月の赤ちゃん(新生児)の夜泣きの対策は?
生後2か月の夜泣きは赤ちゃんの生活リズムに原因が!
生後2か月の赤ちゃんの夜泣きを前向きに乗り切る5つの対策は?
生後3か月の赤ちゃんが夜泣きをする理由は○○だった?
生後3か月から夜泣きは始まる?夜泣きの対応策は?
生後5か月の赤ちゃんの夜泣きの原因は?
これが噂の夜泣きかも?!6か月の赤ちゃんの夜泣き
生後7か月の夜泣きと赤ちゃんの自我の関係とは?
この時期がピーク!8か月の赤ちゃんの夜泣き
生後9か月の活動的な赤ちゃんの夜泣き対策は?
ママも大変!10か月の夜泣きの原因と対策は?
いつ終わるの?1歳の夜泣きの原因と対策は?
1歳を過ぎた赤ちゃんの夜泣きに理由はあるのか?
1歳半の幼児がまだ夜泣きするのは大丈夫なの?
1歳半の赤ちゃんが夜泣きをする2つの原因は?
2歳児でも夜泣きが終わらない!?2歳児がなく原因は精神的要因
まだまだ続く?2歳児の夜泣きの原因と対策は?
赤ちゃんのころとはまた違う!2歳児の夜泣き対策は?
1歳の夜泣きの原因は何?病気が隠れていることもあり!
1歳の夜泣きはどう対応すればいいの?対策方法をご紹介!
いつまで夜泣きは続くの?1歳を過ぎてからの夜泣き対策!