夜泣き

MENU

マンションでの夜泣きにひやひや!心配しすぎるその前に試してみたい対処法!

夜泣き

産まれたばかりの赤ちゃんや小さな子供のいる家庭では、夜泣きはつきものです。ですが、マンションなどでは近隣の住民にどこまで声が聞こえているのか、一体どう思われているのか気になるところ。

 

夜泣きをやめさせられれば一番なのでしょうが、それはなかなか難しく、近所迷惑になっていないかと焦れば焦るほどに泣き声は大きくなっていきます。そんな状況を改善していくための方法を5つ、ご紹介します。


まずは夜泣き自体に対策を

赤ちゃんは泣くもの!と思ってはいても、その泣き声に不快感を覚える人がいるのも事実です。特に夜間は睡眠を妨げられてしまうため、日中よりも敏感になっている人が多いです。夜泣きをする赤ちゃんはどうしてもいるのですが、それでもできる対策はしっかりとしておきましょう。

昼間は外へ出かけ、疲れさせる

体力が有り余っている子どもは夜も眠りが浅くなってしまい、夜泣きへとつながってしまいます。まだ歩けない赤ちゃんだからといって家の中だけで過ごすのではなく、できるだけ外へ連れ出します。外出は刺激をたくさんもらうため、ベビーカーや抱っこひもで連れられているだけの赤ちゃんでも外に出るだけで体力を使っているのです。

生活のリズムを整える

赤ちゃんも、生後3か月ころを境にだんだんと生活のリズムがつきやすくなってきます。授乳の感覚が規則正しくなってきたら、そ
れをもとに生活リズムを作っていきます。午前寝、お昼寝の時間が決まってくると、夜も自然と眠くなるようになるので夜泣きの回数も少なくなります。

家具の配置にも気を配って!

意外と見落としがちなのが、家の中の工夫です。ちょっとしたことで上下左右に伝わる声や音がだいぶ少なくなるので、見直してみる必要があります。

カーテンは防音のものに変える

あまり気にしたことがないかもしれませんが、カーテンにも注目していきます。防音カーテンを使用することで、窓からの音漏れが抑えられます。気持ちの良い気候のときは開けたくなりますが、少なくとも夜泣きが始まる時間からは窓は閉め、赤ちゃんが快適に過ごせるように室温を調節してあげる気配りも忘れてはいけません。

隣室の向きに家具を置く

室内は生活しやすいように家具を置いていることがほとんどですが、家具も隣室への音漏れを防いでくれるのです。隣室と接している部屋にはその側に背の高い家具を置き、泣き声が吸収されるようにします。また、夜泣きが始まったら隣室から遠い部屋に移動するなどすると防音効果はより高まります。

外出するのも一つの手

夜泣きが始まり、ご近所への騒音になっていないか気になるのなら、思い切って外へ出てしまいます。廊下などはできる限り足早に、車や公園など人のいない静かな場所へ連れ出してしまうと周囲を気にすることなく対処できます。

夜のお散歩を楽しむ

夜外に出るという、非日常感と夜風の気持ちよさに赤ちゃんも気分が変わります。目が覚めてしまったら、夜のお散歩を楽しみましょう。良い刺激になって、帰宅するころには赤ちゃんも眠たくなるばかりか、夜泣きに付き合い疲れたママの気分転換にもなります。

挨拶は積極的に

エレベーターや駐車場、玄関口などで住民と会った時には明るく声をかけるようにします。相手も人間なので、顔も知らない相手より顔見知りの方が迷惑だとは思わないものです。また、そのときに一言、「いつもうるさくてすみません。」と付け加えておくと良いです。

上下左右のお宅には訪問を

赤ちゃんが産まれたときや、引っ越しの折りに上下左右の住民を訪れます。夜泣きが始まっていなくても、騒音などで迷惑をかけることもあるので、丁寧にその旨を伝えて印象を良くしておくことが大切です

管理人に事情を伝えておく

赤ちゃんの泣き声による苦情が気になるときは、前もって管理人や自治会長に事情を伝えておきます。もし苦情があれば直接謝りに行くか、管理人を通して謝罪ができる体制を整えます。

環境を変えることも視野に入れる

マンションのタイプによっては、どうしても周りの音が漏れてしまったり理解が得られないこともあります。そのようなときは自分と赤ちゃんを守るために、引っ越すことも考えます。

子どもの多い地区を探す

引っ越すにあたり、子どもの多い地区や防音設備のしっかりしたマンションを探します。同じような世帯が多く住むマンションであれば、子どもの月齢も同じようなものなので、夜泣きがあってもお互い様です。子どもが多い地区であれば、昼夜問わず子どもの泣き声がしていることが普通なので必要以上に気に病むことがなくなります。

 

子どもはどのようなタイミングで夜泣きを始めるかわかりません。赤ちゃんの夜泣きが激しいと、近所への迷惑になるのではないかとひやひやするものです。

 

特にマンションなどの集合住宅では、さまざまな生活体系の方が暮らしています。赤ちゃんを泣きやませることだけでなく、周囲への気遣いもしていたのでは、家族の疲労はたまるばかりです。ここに挙げた対処法をうまく利用して、心労を溜めすぎることなく赤ちゃんと向かい合えるようにしていきましょう!

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事