夜泣き

MENU

耳掃除も効果的?夜泣きを乗り切る有効な方法!

夜泣き

多くの赤ちゃんと家族が経験する夜泣き。深夜に突然泣き出してしまい、泣きやんでくれないとどうしていいのか分からなくなってしまいます。

 

赤ちゃんがなく原因は様々ですが、まずは不快要素を取り除き、不安に感じていることをなくしてあげることです。赤ちゃんが安心するのはパパやママのあたたかみを感じられるとき。

 

いろいろと声をかけてあげながら、赤ちゃんにとって最適なあやし方を探しましょう。


基本はパパやママの抱っこ

空腹やおむつ、気温などの原因以外で泣いているときは、赤ちゃんが不安を感じていることが多いです。そのようなときはやはり何と言っても大好きな人の抱っこが一番なのです。そのときによってパパに甘えたかったりママが良かったりすることがあっても、2人の体温を感じることが一番の特効薬になります。

抱っこにもいろいろな種類がある!

一口に抱っこと言っても様々な抱き方があります。一般的には眠たいときには横抱きか縦抱きが落ち着くという赤ちゃんが多いですが、寝ているパパやママのお腹の上に寝るラッコ抱っこや寝たまま腕枕をされるような格好がいいという赤ちゃんもいます。夜泣きが始まったら、そのときの赤ちゃんの気分に添った抱き方を試してみましょう。

ゆらゆらは最高の睡眠薬!

ゆりかごのようにゆらゆらと揺れるのが嫌いな赤ちゃんはいません。大人もつい電車の中で寝てしまうように、心地よい揺れによって落ち着き、眠たくなる赤ちゃんは多いのです。赤ちゃんによって心地よく感じる速度や角度も違うので、自分の赤ちゃんにぴったりくる方法を見つけ出してあげます。

抱っこで部屋中を歩き回る

安心できる人の腕の中で感じる振動は最高に心地よいものです。赤ちゃんを抱っこしたまま、ひたすら歩きまわってあげましょう。部屋を何週かしているうちに、気がつくと赤ちゃんは寝てしまっています。

ゆらゆら器具の力をかりる

夜泣きの度に抱っこでゆらゆらするのは、パパやママの体力を奪ってしまい長続きしません。バウンサーやスウィング機能がついたラックもうまく利用していきます。赤ちゃんが気持ちよく感じられるように作られているので、これらの揺れには赤ちゃんも満足して眠ってくれます。

リラックスできる音を流してあげる

赤ちゃんはとても耳が良いのです。ママのお腹の中にいるときから外の音を聞いているので、そのときに聞いていた音楽などを流してあげるとリラックスして眠ることができます。

優しい音の音楽をかける

赤ちゃんは音楽が大好きです。オルゴールやメリーなどを使って、優しい音色を聴かせてあげます。赤ちゃんのお気入りの一曲を見つけ、寝かしつけのときから使用すると夜泣きの際の効果はより高まります。

胎内音を聴かせる

月齢の低い赤ちゃんなら、ママのお腹の中にいたときに聴いていた「胎内音」を聴かせると安心します。ただ、月齢があがるにつれて記憶も薄れていくため、効果が減っていってしまうので要注意です。

道路の振動も効果的!

体力に余裕があるのなら、ドライブに出かけましょう。チャイルドシートの中で感じる車の振動が赤ちゃんの眠りを誘います。また、ベビーカーでのお散歩も効果的です。夜風の気持ちよさと、外出の刺激と振動とで赤ちゃんもぐっすりと眠ることができます。

子守唄を歌う

古典的ですが、子守唄も効果があります。赤ちゃんはママやパパの声が大好きです。大好きな声で歌われる子守唄も、安眠効果は絶大です。

何度も繰り返して入眠の儀式化を!

子守唄といってもジャンルは問いません。童謡や赤ちゃんの好きなアニメの主題歌など、お気に入りの曲を歌ってあげましょう。大切なのは、何度も繰り返し歌ってあげることです。歌を聴きながら眠ることで、この曲を聴くと眠たくなる、と赤ちゃんに思わせることが重要です。

背中スイッチやモロー反射を最小限に

月齢の低い赤ちゃんであればあるほど、ベッドに移動させると起きてしまう背中スイッチが敏感に作動します。また、モロー反射で起きてしまう赤ちゃんも多く、せっかく寝かしたのに苦労が水の泡となることがあります。

おくるみなどで包んでから抱っこする

背中スイッチは、抱っこと布団との温度差も原因の一つです。おくるみやタオルで包んだ状態で抱っこし、寝かしつけてあげると温度が変わることなくベッドに移動させることができます。また、お雛巻きにしてから寝かせてあげるとモロー反射も防げ、これまで紹介したあやし方の効果も倍増します。

一度起きてしまってからも焦らない

一度寝かしつけた赤ちゃんが背中スイッチやモロー反射で起きてしまっても、焦らずすぐに寝かせてあげましょう。赤ちゃんにとってツボはさまざまですが、太ももや背中をさすってもらうと落ち着いて寝入る子は多いです。また、暴れていないようなら耳掃除をしてあげると気持ちがよくなって寝ていきます。

 

一言で夜泣きといっても、その状況は赤ちゃんによって様々です。ずっと泣き続けてしまう子もいれば、なんとなく眠れなくなってしまう子もいます。

 

その子にとってこれが確実、という方法は実はほとんどありません。その日その日で赤ちゃんにも気分があるからです。昨日効果的だった方法が今日も通用するとは限らないのです。そのようなときに焦らないように、できるだけ多くのあやし方を知っておくと便利です。

 

終りの見えない日々に泣きたくなってしまいますが、余裕をもって向き合えるよう準備しておきましょう。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事