夜泣き

MENU

赤ちゃんの夜泣きにはスキンシップ!タッチングでママも癒されて

夜泣き

赤ちゃんの夜泣き。毎日だと本当に大変ですよね。睡眠不足でフラフラして、このまま乗り切れるのだろうか?と不安に思うママも多いです。睡眠不足からくるイライラで、つい子供に対して冷たくなっていませんか。もしかしたらスキンシップ不足かもしれません。

 

夜泣き対策のためにも、スキンシップで赤ちゃんの夜泣きを改善しましょう!


赤ちゃんはどうして夜泣きするの?原因は主な2つ

睡眠のリズムができていないため、夜起きてしまう

睡眠のリズムができていないために、朝だと感じて夜中に起きてしまい、真っ暗な環境にびっくりして泣く、というパターンです。大人でもこんな状態になったらびっくりしますよね。

 

睡眠のリズムができないのはこんな理由があります。

  • 寝かしつけの時間がきまっていない
  • 寝かしつける前にテレビやスマフォを見せている
  • 寝かしつける頃に子供の遊びたい要求を受け入れて遊ばせている
  • 寝かしつける頃にパパが帰ってきて遊ぶ
  • 夜中も電気をつけている
  • 運動不足
  • 昼寝しすぎ

睡眠が浅くなり、すぐ目覚めてしまう

もともと赤ちゃんは、睡眠が浅く、覚醒する感覚も多いと言われています。ですので、なにかのきっかけで起きてしまって、感情が抑えられずに泣く、というパターンです。大人でも、情緒不安定になると睡眠が浅くなりますね。

 

すぐ目覚めてしまうのは、こんな理由があります。

  • 日中の不満や不安が伝わらず、欲求不満になっている
  • いつもと違う体験、いつもいるママの不在、人混み、など刺激の強い体験
  • 親とのコミュニケーション不足
  • 身体活動をあまり行っていない
  • おむつが気持ち悪い
  • パジャマの肌触りが硬い、きらい
  • 暑い、寒い
  • 口呼吸で苦しい

スキンシップは大切!昼は大事なスキンシップタイム

昼間のスキンシップの大切さ

先ほど述べましたが、昼間、情緒的に不安定になる要因があると、夜泣きに結びつきます。昼間は、情緒が満たされるように、たくさん愛情のあるスキンシップをとりましょう。

子供の情緒を満たすためやりたいこと

  • できるだけテレビやスマフォを見せる時間を減らす
  • たくさん子供と会話する
  • 身体を使った遊びを積極的に取り入れる
  • 手伝いすぎず、子供の自主性を尊重する
  • たくさん褒めてあげる
  • スキンシップをたくさんとる

寝かしつけの儀式はどうする?スキンシップが効果的!

寝かしつけのスキンシップの大切さ

寝かしつけこそ、最大のスキンシップタイムです。子供も親を独占できる最高のひととき。親も、一休みするつもりで、寝かしつけの時間をもちましょう。

 

寝かしつけの行動はルーティン化することが非常に大事になってきます。安心して眠りにつくためにも、毎日お布団に行く楽しみのようなものがあるといいですね。

寝かしつけのときにやりたいスキンシップ

  • 身体のどこかに触れながらの会話
  • 寝ながらできる軽い運動。身体をほぐすぶらぶら体操など
  • 軽いマッサージ。さするだけでいい
  • 手遊び、歌を歌いながらのスキンシップ
  • 抱きしめる

授乳はスキンシップ?添い乳をやめた方がいい理由

夜中の添い乳は楽だけに止めにくい

赤ちゃんの夜泣きに対して、母乳の方は添い乳をする方も多いです。赤ちゃんも、お母さんのおっぱいの感触に満たされて、それだけで安心して眠ってくれますし、吸う行為自体がやはり安心するのでしょう。ママ自身も、泣き止んでくれるなら、と添い乳に頼りがちです。

添い乳をやめた方がいい理由

けれど、これが習慣化すると、ママでないと眠れないという状況になっていきます。ママが病気のとき、次の子供の出産、パパに寝かしつけを頼みたいとき、など添い乳ができなくなったときは、子供は怒り、さみしがり、情緒が満たされず、昼夜問わず扱いにくい状態になってしまいます。

 

また、9ヶ月くらいになれば、特に夜の授乳は必要ないのにも関わらず、添い乳をしているといつまでも添い乳が必要になってきます。

 

できるだけ、夜中の授乳はフェードアウトできるようにしましょう。

夜泣きに対応!夜中のスキンシップ5つ

  • 背中をさする
  • 手を軽くにぎってあげる
  • しばらく添い寝をする
  • 話しかける
  • 抱きしめる

 

ママの肌に触れるだけで、赤ちゃんは安心して少し落ち着くことがあります。それでも、睡眠不足の中、何回も起きてあやすのはママには大負担。泣かせられる環境なら、30分くらいは放置しても構いません。子供の夜泣きは、寝言のようなときもあるので、毎回様子を見て、おむつや病気でないようなら、少し放っておくのも手です。

まとめ

「うちの子供はどうしてこんなに大変なんだろう」と誰にも相談できずに悩んでいるママもいるかもしれません。でも、夜泣きもいつかは終わります。

 

それまでは、本当にママも大変ですが、できるだけフルストレスにならないように、自分の好きなことをやったり、休息の時間を作ったり、誰かに頼れるように工夫していきましょう。ママにも愛あるスキンシップが必要なのです。パパは子供の協力だけでなく、ママのフォローにもまわりたいものです。

 

つらい時期ではありますが、いつかは終わる夜泣き。悩んでいたことも思い出せば懐かしくなるものです。子育ての楽しい時間を大切にしてくださいね。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事