夜泣き

MENU

赤ちゃんの夜泣きを放置してもいい?放置と無視とを区別して

夜泣き

赤ちゃんの夜泣き。毎日だと本当に大変ですよね。しゃべれない赤ちゃんの大切な意思表示だからこそ、分かってあげたいのに原因が分からず、ほとほと困ってしまうこともありますね。ママも眠くって、ついつい放っておきたくなることも。

 

そんなとき放置しても良いのでしょうか。そもそも放置する、とはどういうことをいうのか、赤ちゃんへの影響などをお伝えします。


そもそも夜泣きとは?泣く理由もはっきりしない

母乳やミルクでお腹も満たされていて、温度も快適、オムツも濡れていない、ほかに考えられる原因がないのに、突然夜に泣き出してしまうことを、一般的に「夜泣き」といいます。

 

ですので、生後3ヶ月くらいまでは、授乳時間が3時間おき位なので、夜泣きではなく、必要なおっぱいサインです。

 

しかし、「夜泣き」は生後半年くらいから1歳半くらいの赤ちゃんに見られ、あやしても抱っこしてもなかなか泣き止まず、寝たとしてもまたすぐ起きて泣いてしまうという状態が続きます。

 

生後半年もすると離乳食も始まり、夜の授乳は必要なくなるとき。だんだんとペースを落としていけば、夜の授乳をしなくてもぐっすり眠れるはず
ですが、なぜか夜何回もおきては泣く、を繰り返したりします。

夜泣きの原因は?眠ったときと違う環境に号泣

夜泣きの原因ははっきりとは分かっていません。しかし、赤ちゃんの生活リズムはまだまだ確立しにくい時期。昼間だと思ってふと目を覚ましたら、真っ暗でびっくりして泣いてしまうというのも、夜泣きの一因です。大人だって、昼寝してちょっと寝たつもりが、真っ暗になっていたらびっくりしますよね。

 

もう一つは、眠りについたときと違う環境になっているときも夜泣きの原因になります。ママやパパが隣にいるはずだったのにいない、おっぱいや哺乳瓶を咥えていたはずなのにない、抱っこされていたはずなのに布団にいる、こういった変化が赤ちゃんをとまどわせます。

夜泣きを放置する方法は?一人寝ができる習慣づくり

寝かしつけのためにも卒乳を

眠りについたときと違う環境になっていることを避けるためにも、おっぱいや哺乳瓶での寝かしつけを卒業しましょう。

寝かしつけは、ルーティン化する

寝かしつけの方法はなんでも構いませんが、毎回同じことをすることが大切です。寝かしつけこそ、最大のスキンシップタイムです。親も、一休みするつもりで、寝かしつけを楽しみましょう。

 

寝かしつけの行動はルーティン化することが大切です。安心して眠るためにも、毎日お布団に行く楽しみになるものを行います。

 

  • スキンシップしながらの会話
  • 寝ながら行う軽い運動
  • さするだけのマッサージ
  • 手遊び歌のスキンシップ
  • 抱きしめる

一人で眠れるようになる方法

これらのルーティン化する方法ができたら、次のステップです。たっぷりスキンシップをして楽しんだら、じゃあね、また明日ね、と言って部屋をでます。

 

そうすると、添い寝に慣れている大抵の赤ちゃんは、ママを求めて泣きます。
5分以上泣いていれば、もう一度戻って、今は寝んねの時間だよと優しく話しかけましょう。電気をつけてはいけません。抱っこも厳禁です。そうして、夜泣きをしても放置する時間をだんだんと伸ばしていきます。

 

ここでは、子供に「今は眠る時間だということ」「夜中にふと起きても誰もいないけど異常なし」と学んでもらわないといけません。自分で眠る力をつけないと放置の意味がありません。

放置の方が最初はつらい

ここはぐっと我慢の放置です。多少泣かせることも肺を鍛えるんだくらいに割り切らないと、親も我慢できません。

 

泣いている子供を泣き止ませたいと思う親の本能に逆らうわけですから、親も大変な我慢が必要になります。

いつかは習慣化できる

けれど、徹底して2週間ほどすると習慣化できるようになります。夜起きないで眠れたら、朝思いっきり褒めてあげましょう。できる、という自信が子供を大きく成長させます。

夜泣きの放置は当たり前?夜泣きに悩まない海外事情

夜泣きを放置することを悪いように捉えるのは、日本だけとも言われています。これは、赤ちゃんへの思いだけでなく、夫や家族を起こしてはいけないという気遣いから、どうにかして赤ちゃんを泣き止ませようとする風習からだと考えられています。海外では、夜は一人で眠るものと赤ちゃんの頃から学ばせます。

 

赤ちゃんにとっても、夜泣きが続くことは決して良いことではありません。しっかりとした睡眠をとるためにも、頑張って一人で眠る力を育みましょう。

サイレントベビーになる?きちんと接すれば大丈夫

サイレントベビーとは

サイレントベビーとは、周りが子供の反応に応えなかったり、無視したり、子育てを放棄したり、かまってもらえない状況にいることで子供が意思表示をしなくなることを指します。

 

夜泣きの放置は、子育てを放棄しているわけではありません。日中きちんとスキンシップをし、子供と接していれば、サイレントベビーにはなりません。もしなるとしたら、外国中の子供はサイレントベビーになっているでしょう。

 

むしろ問題なのは、ネットやゲーム、SNSなどに夢中になって、声かけもしないで子供といる方が、よっぽども危険です。

寝かしつけの放置はしつけ

あくまでも、寝かしつけの放置はしつけの一環です。心配なら、近所にも宣言して、一晩中泣くことを許してもらいましょう。

 

ただし、健康状態が良い時にはじめましょう。体調が悪いときは、泣いて訴えるのが当たり前です。

まとめ

放置することは、自立への第一歩。自立と甘えとの共存する中で、ママも大変ですが、できるだけフルストレスにならないように、休息の時間を作ったり、自分の好きなことをやったり、誰かに頼れるように工夫していきましょう。案外ママのストレスが緩和されると、赤ちゃんにもそれが伝わって夜泣きも減るかもしれません。

 

つらい時期ではありますが、いつかは終わる夜泣き。悩んでいたことも思い出せば懐かしくなるものです。子育ての楽しい時間を大切にしてくださいね。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事