夜泣き

MENU

赤ちゃんの夜泣きが始まった!ストレスをためない夜泣きの対処法は?

夜泣き

赤ちゃんが生まれた喜びもつかの間、離乳食の開始期である生後5か月をすぎる頃からは、夜泣きが始まって睡眠時間が取れず、多くのお母さんがストレスやイライラをためこみます/b。


夜泣きはなぜ起こる?原因は発達上のストレス

夜泣きの原因は諸説ありますが、一般的には、体内時計が発達段階にあるため、一日のサイクルと体のリズムが合わない等によりストレスが生まれることと考えられています。

夜泣きの赤ちゃんへの影響は?睡眠不足は取り戻せる

夜泣きは、健康上の問題で起きている場合を除き、抱っこなどのスキンシップをとったり、静かな音楽をかけるなどの対応を根気よく繰り返せば、赤ちゃんにはいつしか安心感も芽生え、よりまとまった睡眠をとるようになります。

 

そして赤ちゃんは、夜泣きで取れなかった睡眠を、日中の間にとることによって、マイナス分を補給します。

夜泣きは親に影響する!睡眠不足はイライラの原因

夜泣きの「影響」が現れるのは、むしろ親の側であると言っても過言ではありません。

 

つまり、夜一番深く眠るはずの時間帯に夜泣きの対応が入ることによって、睡眠時間が削られるばかりか、眠りたい時間に眠れないことによるストレスがたまり、それがイライラへと発展してしまうのです。

育児ストレスには要注意!対策の必要性とそのポイント

育児ストレスは、育児ノイローゼに発展すると心身の健康にも影響するので、あなどらず、注意し、できるだけ早い段階で、対策を取ることが必要です。

ストレス対策に重要な三つのポイント

それでは、夜泣きによる育児ストレスやイライラをためず、元気に毎日を送るためにはどうすれば良いのでしょうか?ストレスを軽減するためには、以下の3つのポイントが大切です。

  • 1.夜泣きの様子について家族・知人に話を聞いてもらう
  • 2.夜泣き対応のサポートをお願いする
  • 3.困った時は悩まず、専門家に相談をする

ストレス対策は相談から!家族や友人と状況の共有を!

赤ちゃんの夜泣きが始まり、夜眠る時間が減るということは、大きなストレスを伴います。特に一人目の育児の場合には、はじめての経験に戸惑い、悩む場合も多いでしょう。

一人で夜泣きと向き合わず、相談を

最も大切なのは、「一人で夜泣きと向き合わない」ことです。まずは、家族や親しい友人に話して、知ってもらい、状況の共有を続けましょう。

 

話した友人が地域で知り合ったママ友であるなら、地域の自治体の子育てサポートのための取り組みなどの情報をくれるかもしれません。

夜泣き対応は家族との協力が鍵!保育サービス利用も視野に!

夜泣きは長い時で一時間以上も続きます。親にしてみれば、深い眠りについている深夜に赤ちゃんの泣き声で起きて、泣き止まない赤ちゃんのお世話をするのですから、心身ともに大きな負担です。

夜泣きの対応は家族と協力して行う

その負担を少しでも軽減するために、できるだけ夜泣きの対応は家族で協力しあって行いましょう

 

赤ちゃんが泣いている時間を前半と後半に分けて交代制で赤ちゃんのお世話ができればベストですが、無理な場合には何かしらの方法で夜泣き対応している人を家族でサポートしましょう。

休養のための保育サービスの利用

もし、可能であれば赤ちゃんを一日家族に預けたり保育サービスを利用して、休養をとることも有効です。

 

家族に預ける場合も、有料のサービスを利用する場合も、事前に十分な連絡・相談を行った上で、スケジュールを確保してもらいましょう。託児施設に預ける場合は、施設やサービス内容、持ち物などを事前に確認しましょう。

困った時は専門家へ!病院やサポートセンターを利用しよう

夜泣きをする赤ちゃんのお世話をするうちにストレスやイライラが募り、以前のように赤ちゃんを可愛いと思えなくなってきた。日中に眠っても疲れがとれない。――このような変化は、ヘルプが必要なサインです。

地域のサポートセンターや医療機関に相談

ストレスやイライラは、これまで夜の間も子供のお世話をしてきたことの何よりの証なので、否定的に受け止めず、自分のこれまでの労を自分自身でたくさん褒めてあげましょう。

 

そして、子育ての手が空いている時に、地域の子育てサポートセンターを訪問したり、ストレスを扱っている医療機関に相談しましょう

夜泣きを乗り切るには?周囲や専門家と連携しよう

赤ちゃんの夜泣きのお世話をすることは、大きな負担となりえます。夜泣きはいつかは終わりますが、それまでの時期を乗り切るためには、周囲に状況を知ってもらうこと、サポートを得ること、そしてストレスやイライラで悩んだら専門家のアドバイスを得ることが必要です。

 

これらを心がけるようにするだけでも、一人で育児しているという負担感や不安が和らぎ、たとえ深夜に泣き続けたとしても余裕をもって接することができます。そんなお母さんのゆとりは赤ちゃんにも伝わり、赤ちゃんの寝付きも早くなってゆきます。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事

関連ページ

【良い例と悪い例付】一番効果がある赤ちゃんの夜泣き対策は?
旦那さんも巻き込んで夜泣きを乗り切るには?
赤ちゃんの気持ちを落ち着かせる夜泣き対策法とは?
6か月の赤ちゃんの夜泣きはお母さんの気持ちの持ちようで変わる
食事の見直しで赤ちゃんの夜泣きを改善する方法は?
下痢が原因で赤ちゃんが夜泣きをする理由は?
アトピー持ち赤ちゃんの夜泣き対策は?
ママも安眠したい!効果的な赤ちゃん夜泣きの3つの対処法
夜泣きと上手に付き合う大切な2つの心得 29歳 K.H.さん
「どうして毎晩泣くの!?」赤ちゃんの夜泣きに困ったら
赤ちゃんの夜泣きは環境の変化で治る?
赤ちゃんの夜泣きを楽にするための対策は? 24歳 T.K.さん
赤ちゃんが夜泣きした時に一番効果があった方法は? 28歳 C.K.さん
赤ちゃんの夜泣き改善に効果があるオルゴール療法って何?
赤ちゃんが夜泣きで寝ない!そんな時にやってみたい夜泣き対策法3つ!
赤ちゃんの夜泣きにイライラしてる?そんな時のイライラ解消法3つ!
夜泣きの対応はパパにはできない?パパができる夜泣き対策
保育園通いで夜泣きが始まった!働く親が夜泣きと向き合うには?
夜泣きの赤ちゃんと旅行!成功させる方法は?
夜泣きを終わらせよう!卒業までのステップは?
“夜泣き”する?しない?卒乳した後の“夜泣き”に有効な対処法とは