夜泣き

MENU

夜泣きの赤ちゃんと旅行!成功させる方法は?

夜泣き

夜泣きをしている赤ちゃんがいる家族にとって、旅行は悩みの種です。赤ちゃんが夜泣きをしている期間は、あえて旅行しないという選択肢もありますが、地方に実家がある場合などはそうも言っていられません。

 

夜泣きをする赤ちゃんとの旅行を成功させるためには、どのような対策をとれば良いのでしょうか?

 


赤ちゃんとの旅行は二種類!実家への帰省とレジャー旅行

育児期間中の親にとって、赤ちゃんとの旅行は二つのタイプに分けられます。

  • 一つは、実家への帰省です。自分の実家も、配偶者の実家も含みます。
  • もう一つはリゾート地や観光地など、レジャー目的の旅行です。

それでは、以下でそれぞれの旅行を成功させるための方法を見ていきましょう。

帰省を成功させるには?コミュニケーションが大事!

帰省のハードルが観光旅行より高い理由

実家への帰省の場合には、夜泣き旅行のハードルは観光旅行より高いと言えます。なぜならば、赤ちゃんの泣き声が、一つ屋根の下家じゅうに響き、実家の両親が、夜眠れなくなってしまうリスクがあるからです。

 

その実家が夫の両親の家であれば、お母さんは赤ちゃんのお世話と義理の両親への気遣いに心が休む暇もないかもしれません。

マメなコミュニケーションで理解を促そう

このような事態を防ぐために、必要なのは日ごろからのこまめなコミュニケーションです。遠隔地に住んでいるとしても、実家の親とは普段からなるべく連絡を取るようにして、赤ちゃんが夜泣きをしている状況を理解してもらいましょう。

 

この事前の「根回し」により、夜泣きをしている孫の面倒を見ているお母さん・お父さんへの理解やねぎらいの気持ちが生まれ、赤ちゃんが実家で夜大声で泣いた時のストレスも軽減されるでしょう。実家の両親が元気で余力があれば、帰省中の赤ちゃんのお世話も手伝ってくれるでしょう。

観光旅行を成功させるには?宿泊先をよく選ぼう!

宿泊先選びのポイント

観光旅行をする際には、宿泊先としてホテルなどの一般的な鉄筋建ての建物であれば、隣室へ音が伝わりにくいため、夜間に赤ちゃんが大泣きしても音漏れの心配が少ないでしょう。

 

ホテルを選ぶ際には、繁華街や大通りに面した場所など、人や車の往来の多い場所の立地は夜中に周囲の騒音や振動が止まない可能性があるので、避ける方が無難です。赤ちゃんがぐっすりと休めるような静かな立地を選びましょう。

夜泣き時の対応は窓を閉めて

また、夜中に赤ちゃんが泣きだしたら、窓やドアの閉まった室内等、音が外に漏れだすリスクを極力無くした形でお世話をしましょう。

 

なぜならば、ホテルなどの宿泊施設には、様々なバックグラウンドや状況にある宿泊客が滞在しており、赤ちゃんの泣き声で夜眠れないとなると、思わぬトラブルに発展しかねないからです。

赤ちゃん歓迎ペンションは強い味方!便利な設備を活用しよう

赤ちゃん連れ歓迎ペンションとは?

観光旅行でリゾート地に行く家族にとって強い味方となるのが、「赤ちゃん連れ歓迎ペンション」です。

 

このペンションは、読んで字のごとく、赤ちゃん連れの家族が利用しやすいサービスを備えたペンションで、プレールーム併設のダイニングルームや、ハイチェアーやベビーバス、粉ミルク用のシンクなど、赤ちゃんのお世話に便利な設備が整っています。

赤ちゃん連れペンションのメリット

ペンションなので、ホテルの部屋のような遮音性は期待できませんが、こうしたペンションに宿泊するのは基本的に乳幼児連れの親子なので、夜泣きで迷惑になったとしても、ほとんどの場合「お互いさま」である場合が多いのです。

 

ただし、そうは言っても、他の宿泊客へはあいさつなどを積極的にかわし、良いコミュニケーションを心がけましょう。そうすれば、育児の話題にも花が咲き、より思い出にのこる旅行となるでしょう。

旅行で育児疲れを癒すには?ベビーシッターの利用でくつろごう!

リゾート地の利用時にはシッターサービスをチェック!

リゾート地に滞在し、夜泣き対応の疲れを癒すなら、ベビーシッターの利用がお薦めです。宿泊先がリゾートクラブなどで、ベビーシッターに子供を預けられるサービスがあれば、ぜひ問い合わせて、料金や時間などの詳細を確認してみましょう。

数時間の利用でママもリラックスできる!

夜間の利用が可能でなくても、日中、たった数時間の利用で、夜の疲れを癒すと同時に、スポーツや入浴などを楽しめる時間が持つことができます。

旅行はリフレッシュの機会!サービスを活用しよう!

旅行は、実家への帰省にしろ、観光にしろ、育児中の親にとって心身をリフレッシュするまたとない機会です。周囲とよくコミュニケーションをとり、可能な限りの防音対策をとったら、赤ちゃんの夜泣きもどんと来い!という気持ちで、旅行を楽しみましょう

 

実家の親も、ホテルやリゾート地のスタッフも、赤ちゃんのお世話が大変なのは十分にわかっていて、できれば育児真っ最中のお母さん・お父さんを手助けして、楽しんでもらいたいのです。

 

ヘルプの申し出は感謝して受け入れ、お財布が許す範囲でベビーシッターなどの子育てサービスを活用して、夜泣き対応で疲れた心身へのご褒美として、日ごろできない体験を楽しみましょう!

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事

関連ページ

【良い例と悪い例付】一番効果がある赤ちゃんの夜泣き対策は?
旦那さんも巻き込んで夜泣きを乗り切るには?
赤ちゃんの気持ちを落ち着かせる夜泣き対策法とは?
6か月の赤ちゃんの夜泣きはお母さんの気持ちの持ちようで変わる
食事の見直しで赤ちゃんの夜泣きを改善する方法は?
下痢が原因で赤ちゃんが夜泣きをする理由は?
アトピー持ち赤ちゃんの夜泣き対策は?
ママも安眠したい!効果的な赤ちゃん夜泣きの3つの対処法
夜泣きと上手に付き合う大切な2つの心得 29歳 K.H.さん
「どうして毎晩泣くの!?」赤ちゃんの夜泣きに困ったら
赤ちゃんの夜泣きは環境の変化で治る?
赤ちゃんの夜泣きを楽にするための対策は? 24歳 T.K.さん
赤ちゃんが夜泣きした時に一番効果があった方法は? 28歳 C.K.さん
赤ちゃんの夜泣き改善に効果があるオルゴール療法って何?
赤ちゃんが夜泣きで寝ない!そんな時にやってみたい夜泣き対策法3つ!
赤ちゃんの夜泣きにイライラしてる?そんな時のイライラ解消法3つ!
夜泣きの対応はパパにはできない?パパができる夜泣き対策
保育園通いで夜泣きが始まった!働く親が夜泣きと向き合うには?
赤ちゃんの夜泣きが始まった!ストレスをためない夜泣きの対処法は?
夜泣きを終わらせよう!卒業までのステップは?
“夜泣き”する?しない?卒乳した後の“夜泣き”に有効な対処法とは