夜泣き

MENU

夜泣きがつらい!夜泣きを軽減させる方法は?

夜泣き

赤ちゃんの夜泣きに悩む多くのお母さんは、延々と泣き続ける子供を抱えながらフラフラになったり、つらいと感じます。では、夜泣きを軽減させる方法はあるのでしょうか?


夜泣き対応で眠れない!睡眠不足がもたらす影響は?

夜泣き対応で睡眠不足

親には、在宅の場合も含めて、日中にやらなければいけない仕事があります。そのため、赤ちゃんが夜泣きしたからといって、赤ちゃんのように日中に寝られなかった分を全部取り返すわけにはいきません。したがって、その分取るべき睡眠がとれないことになってしまいます。

ストレスと心労もたまる

また、睡眠が十分にとれないとストレスもたまります。特に、厳寒期や猛暑日の後の熱帯夜など、気候条件が厳しい時には、夜に熟睡しているところを赤ちゃんの泣き声に起こされ、お世話をするというのは心労をともないます。

夫婦の関係に支障も

特に共働きで祖父母の手助けがない場合など、どちらが起きて赤ちゃんの対応をするかで、口論の原因となり、夫婦の関係に支障をきたさないとも限りません。どちらも起こされずに寝ていたいのに、傍らでは赤ちゃんが大きな声で泣いているのですから。

ストレスが育児放棄や虐待につながる可能性も

これら不眠やストレス、夫婦間の対立は、長期化すると雪だるま式に膨らんでいき、「赤ちゃんをかわいいと思えない」等、赤ちゃん自身に対するマイナスの感情を惹き起こしてしまいます。そして最悪の場合には、育児放棄や虐待など深刻な問題につながりかねません。

ストレスの芽を摘みたい!親の負荷を減らすには?

では、親のストレスが小さいうちから夜泣きを緩和して、夜泣きがもたらす親の負荷を減らすためにはどのようにすれば良いのでしょうか?

 

夜泣きを軽減するための効果的な方法は、以下に挙げる三つです

  • 小児科が処方する薬を服用させる
  • ハーブティを飲ませる
  • アロマテラピーで赤ちゃんの眠りを誘う

つらい時期は小児科へ!処方薬を服用させる

夜泣きがつらくなったら小児科へ

赤ちゃんの夜泣きのお世話を繰り返すうちにつらくなってきた場合に心がけたいのは、自分ではどうしようもないと感じたら、小児科を受診することです。医師に状況を話し、説明しましょう。医師によっては、抗ヒスタミン薬などの眠気を誘う薬を処方してくれます。

薬の服用で飛行機旅行も可能に

長時間飛行機旅行をする際など、赤ちゃんが泣くと周囲に大変な迷惑がかかってしまう状況でも、こうした薬を事前に服用させておけば、親も安心して時間を過ごすことができます。

 

夜泣きで親が寝られずにつらい時には、薬の服用を数日続けていると、眠りのリズムがついて薬なしでも眠れるようになることが多いようです。

薬に抵抗がある時は?ハーブティで夜泣きを緩和!

薬を使うことに抵抗を感じる場合には、夜泣きを和らげるために開発されたハーブティがありますので、それを試してみましょう。例えば、キク科のジャーマンカモミールにはリラックス作用があり、不眠を改善する薬効があります。

 

これらの睡眠改善に開発されているハーブティは赤ちゃんでも飲めるようにカフェインが含まれていません。ただし、赤ちゃんがハーブティに含まれる成分はアレルギーを起こすこともありますので注意が必要です。

ハーブの芳香が安眠を誘う!アロマテラピーを試そう!

ハーブの精油は安眠を促す

また、アロマテラピーも効果があると言われていますので、試してみましょう。安眠に効果が高いラベンダーやカモミールの精油の香りを専用のディフューザーで赤ちゃんが寝ている部屋に拡散させます。

専用器具なしのアロマテラピー

もしディフューザーのような専門の器具がない場合には、ハンカチに精油を一、二滴たらして、赤ちゃんの枕元に置いてあげれば、手軽にアロマの効果を期待できます。

 

ただし、赤ちゃんによっては精油の植物成分にアレルギー反応が出ることもありますので、アロマテラピーもハーブティの摂取と同様、必ず様子を見ながら行うようにしてください。

夜泣きのつらさは悩まず受診!薬やハーブを活用しよう!

夜泣きのお世話による疲労が長引くと、親もつらくなり、赤ちゃんとの健やかな生活に影響を与えかねません。そのため、赤ちゃんの夜泣きがつらいと感じた時は、悩みを抱え込んだりせずに小児科を受診することが重要です

 

小児科で医師の診断により処方される薬は、飛行機の旅行などで赤ちゃんが泣くと迷惑がかかってしまうといった状況でもお母さんの助けとなってくれるでしょう。

 

薬の服用がうまくいかなかったり、躊躇する場合は、次善策としてハーブティを飲ませたり、アロマテラピーを利用して赤ちゃんの安眠を誘うことが効果的です

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事