夜泣き

MENU

発熱時と普通の夜泣きは泣き方が違う

赤ちゃん発熱時

赤ちゃんの時期は、言葉がしゃべれないため、泣いてお母さんに助けを求めます。それが夜泣きとなって現れてくるわけです。

 

しかし、いつもの夜泣きと違う理由の時もあります。例えば、発熱など体の不調を訴えるものがあります。


泣くことで不調を訴えている

大人でも熱がある場合、ちょっと調子が悪いなあと思いますよね?

 

大人は、自分で解熱剤等を飲めば熱が下がります。ですが、赤ちゃんは「熱があるから、頭を冷やして欲しい」などと言うことが出来ません。ですから、その夜泣きには、理由があるのです。

 

つまり、赤ちゃんにとっては、「体が熱くなり、のどが渇いた」と言う、発熱に伴う体の不調を訴えるために泣いている時に、お母さんはいつもの夜泣きと変わらないと思って気にしないこともあるはずです。特に、普段から夜泣きが酷い場合ならなかなか発熱による不快感で泣いているということには気づかないはずです。

 

でも、いつもよりも夜泣きが激しく、抱っこしてあやしても長時間泣き止まない場合は体の不調を疑うようにしましょう。

何をチェックすればいいの?

まず、全身のチェックをし、おむつかぶれや湿疹、虫刺されであるかどうかを確認しましょう。

 

それから、大人でも風邪かなと思ったら、額に手を当て、熱があるかどうか確認しますよね?同じように額に手を当てて、熱があるかどうか確認してみましょう。

 

ただし、赤ちゃんの場合は、発熱する前駆症状として泣き出す場合があり、泣き出した時は平熱であっても時間が経つにつれて熱が出てくることがありますから、大したことはないと思わず、泣き続けているようであれば30分おきに体温を測って様子を見るようにしましょう。

 

一般的に乳児の平熱は36.5度から37.5度と言われています。しかし、風邪などによる場合もっと高い熱が出てきます。その場合は、水分をしっかり与え首筋等を冷やしてあげて下さい。もし、39度以上の発熱であればすぐに病院などで受診しましょう。

 

赤ちゃんは、泣くことで体の不調を訴えることしかできないのですから、普段から注意深く泣き方にも耳を傾けるように心がけておきましょう。

夜泣きちゃんが驚きのすやすや笑顔に!

夜泣きに苦しむママのための自然派ハーブティー【すやねむカモミール】

オーガニックにこだわった赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー「すやねむカモミール」。ママも子供も安心して飲めるように、 オーガニックハーブ・ノンカフェインにこだわって開発されたオーガニックハーブティーです。夜泣きの子供とママのことを真剣に考え抜いて開発された夜泣きで苦しむママのためのハーブティです。

夜泣きの原因の肌トラブル解消で静かな眠りに!

ナチュラルシースポンジ

デリケートな赤ちゃん肌のための最高級ボディ用天然「海綿」【ナチュラルシースポンジ】

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの夜泣きの原因の一つに肌荒れがあります。肌が荒れて夜泣きをするので、赤ちゃんの肌をぷるっぷるに保つ赤ちゃん専用のスポンジがお勧めです。人の肌と同じアミノ酸からできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使用できます。

夜泣きの赤ちゃんに直ぐミルクを飲ませたい!

赤ちゃんに飲ませて安心のお水【おいしい水の贈りもの「うるのん」】

夜泣きの赤ちゃんにすぐにミルクを飲ませるならウォーターサーバーがお勧め。かわいい我が子には安全なお水を飲ませたいですよね。「うるのん」は富士山の天然水を使用し、専用の施設で加熱殺菌されているのでとても安心です。ウォーターサーバーがあればいつでもミルクを作るのにとても便利です。離乳食にも使えるので重宝しますよ。

 

あわせて読みたい関連記事