夜泣き

MENU

夜泣きで気づく異変記事一覧

 
夜泣き

赤ちゃんが夜泣きをしていても「それを敢えて放置している」というような家庭もあるようですが、それで大丈夫なのかと多くの人は疑問に思うのではないでしょうか。ですがそれはあくまでも「完全に目を離して放ったらかす」というわけでは無く「ちゃんと様子を見つつもしばらく泣かせておいてあげる」ということ。

 
 

赤ちゃんの夜泣きは、風邪やその他、鼠径ヘルニア等の病気が関係していることもあります。夜泣きと言うのは、夜になると急に泣き出すことを一般に言いますよね?夜泣き自体は病気でも何でもなく、脳の成長過程における現象でもあります。不快感や欲求を泣いて知らせてくれるものですので、あまり心配することはありません。

 
 
赤ちゃん発熱時

赤ちゃんの時期は、言葉がしゃべれないため、泣いてお母さんに助けを求めます。それが夜泣きとなって現れてくるわけです。しかし、いつもの夜泣きと違う理由の時もあります。例えば、発熱など体の不調を訴えるものがあります。

 
 
夜泣き

夜、お母さんにとって1番辛いと感じるのは、赤ちゃんが夜泣きをしてしまうことではありませんか?ご近所に迷惑が掛かってしまうというのもありますし、それよりも隣で寝ている旦那さんを起こさないようにと気を使ってしまい、夜泣きが始まるとすぐに眠い目をこすりながらでも起きて、あやさなければなりません。