夜泣き

MENU

夜泣きのお母さんへの影響記事一覧

 
夜泣き

夜泣き。子育てをする上で、最も母親を苦しめることのひとつでもあります。まだ生まれて間もない赤ちゃんは、授乳しているつもりでも、うまく飲めていないことも多い為、頻繁に空腹になってしまいます。

 
 
夜泣き

夜泣きというのは赤ちゃんや幼児が夜眠っているときに目を覚ましていきなり泣き始めてしまうということです。育児を経験した方は辛かった、という思い出をお持ちの方も多いと思います。そんな夜泣きについての対策、ママたちがストレスとならない前にできることなどを紹介していけたらと思います。

 
 
夜泣き

毎晩のように赤ちゃんが、突然大きな声で泣きだしてしまうとお母さんも寝不足になってしまいますよね?寝不足が続くと、どうしても平常心を失い、つい、「どうして泣くの?」「早く泣き止んでよ」と怒鳴ってしまい、かえって、火がついたように泣かれてしまう結果を生んでしまいます。

 
 
夜泣き

子供が誕生することは嬉しいものです。しかしそんな嬉しさもつかの間。生まれてすぐに女性はママに、男性はパパになるのです。子供は待ってはくれません、今までは子供がいない生活だったのが、いきなり生活が急変するのです。そんな中、特に悩むのは「夜泣き」ではないかと思います。夜泣きにより、夜も眠れず、そして「こんなに泣いて大丈夫かしら」と考え込んでしまい、親がうつ病になってしまうようなこともあり得るのです。

 
 
夜泣き

赤ちゃんと言えば、本来生後半年までは昼夜問わずよく眠るものですが、早い子では生後3か月くらいから、一般的にも生後半年を過ぎて1歳くらいまでの間に夜泣きが始まる子が少なくありません。子どもを持つまでは、いつも元気でハツラツとしていた女性でも、子どもが生まれて生活のリズムが一気に変化し、さらには連日の夜泣きによる睡眠不足で精神的に追い詰められてうつ病になることもあるので注意が必要です。産後クライシス?...

 
 
夜泣き

ママにとって赤ちゃんは宝物。かわいくて愛おしくて大切な存在です。しかしそんな赤ちゃんの夜泣きまで愛おしいと思えるママは一体どのくらいいるのでしょうか。おそらくほとんどのママが赤ちゃんの夜泣きに苦悩してきたことでしょう。睡眠は人間の三大欲求の一つです。日中のお世話に加えて夜泣きをあやしているママはゆっくり眠れる時間はなく、疲れもとれません。だからといって赤ちゃんは待ってくれません。不快なことがあれば...

 
 
夜泣き

赤ちゃんを育てる上で、母親がとても辛いのが睡眠不足になることです。新生児期から授乳のために細切れ睡眠がとれないことに加え、しばらくして夜泣きが起こるとますます睡眠はとれずにイライラしてしまいます。赤ちゃんが泣くのは仕方がないとわかっていても、イライラが爆発しそうになります。睡眠不足は人を冷静でいられなくさせてしまうのです。ではこのイライラを解消させるためには、どうしたら良いのでしょうか。

 
 
夜泣き

赤ちゃんが泣いたら昼間でも気になるものですが、特に夜泣きは育児をするママを悩ませるものです。昼間に比べて夜間はママ自身の睡眠時間でもあり、眠気がピークにきてしまう、昼間の疲労が蓄積して疲れ果ててしまうなどがあります。夜泣きに悩まされる中で、うつ病にまで発展してしまうママもいます。うつ病のような症状になった時にどうしたら良いのでしょうか。

 
 
夜泣き

生後6ケ月頃から始まることが多い赤ちゃんの夜泣きですが、さすがに毎晩続くとママも寝不足になってしまい、辛い日々が続きます。「いつになったら、終わるんだろう。」と先が見えずについつい自分を追いつめてしまいます。1人で問題を抱え込んで、家に引き籠ってしまうのは、ママが育児うつ病になってしまう可能性があり、危険です。赤ちゃんの夜泣きからママを守るための方法をご紹介します。

 
 
夜泣き

可愛い赤ちゃんと思っていても、いつも泣いている姿を見たり、夜泣きがあると本当に疲れてしまうことがありますね。それは、夜泣かれてしまうということで、疲れてしまうのです。夜は、自分も寝たいと思っています。そんな時に、夜泣きがあることで睡眠不足となってしまいます。すると、イライラしてしまうことは当然のことなのです。そんな時、解消する方法をまとめてみました。

 
 
夜泣き

赤ん坊の夜泣きというのは成長の過程で起こることなので、ほとんどの親が経験しています。ですが夜泣きの程度は個人差があり、また親の育児環境や性格だって様々です。夜泣きで寝不足で母親がうつ病になってしまうケースも決して少なくありません。なので夜泣きとうつ病の関連と対策について紹介していきます。

 
 
夜泣き

待ちに待った我が子の誕生に家族のみならず、周りのみんながおめでとうと祝福の声をくれる。これから、ママとして頑張らなければ!と決意を持って育児を始めたものの、毎晩数時間おきに起こされ、授乳しオムツを替える毎日。気が付けば、子供のいない同世代の女の子がキラキラうらやましいと思うようになっていた。こんなに大変なのは私の育児が下手なのか。誰か助けて!の声は隣で寝ている旦那にすら届かない!夜泣きによる寝不足...

 
 
夜泣き

2歳になり2語文、3語文も出て、中には上手にお歌が歌える子も出始める時期。自分の足で行きたいところに行けるようになった子供たちは、見るもの、聞くものに興味深々。あれは何だろう?触れるのかな?おいしいのかな?お口に入れて確認せずにはいられません。そんなときママは「ダメ!」というけれど、そんなの「ヤダ」。ママがいうことは、ダメダメばっかり。だから、イヤイヤいっちゃう。イヤイヤ期に突入し、ちょっと目を離...