夜泣き

MENU

夜泣きの原因記事一覧

 
夜泣き

お母さんというのは初めのうち、慣れない赤ちゃんとの生活の中で本当に些細なことでも悩んでしまったり、必要以上に不安に感じたりしてしまうものですよね。その中でも、悩みの種に感じるのは「夜泣き」に関するトラブルではないでしょうか。今は子育てを終えたというお母さんも、昔は随分と悩まされたと思います。赤ちゃんの夜泣きには特に、理由などがないというように言われていますが、本当に何の理由もなく泣いているだけなの...

 
 
夜泣き

昔から「赤ちゃんは寝るのが仕事」と言われているぐらい、生まれたばかりの赤ちゃんは、1日中寝ている時が多いものです。しかし、人見知りをし始めた頃から、徐々に親と他の人の顔がわかるようになったとお母さんも理解しておきましょう。言い換えれば、知能が発達してきたと言うことになります。

 
 
赤ちゃん

小さな赤ちゃんが夜泣きをしないようにするためには、どうすればいいのでしょうか。その子の生活のリズムや眠る際の環境を整えてあげるなど、お母さんがいろいろとできる改善方法はいくつかありますが、他にはないものなのでしょうか。もしかすると、夜泣きの原因は日中の運動不足かもしれませんよ。

 
 
夜泣き

赤ちゃんが、まず、意思表示をするため「泣いて知らせる」と言った行動を起こします。これは誰が教えたと言うことではなく、本能として身についている行動で、泣いて欲求を満たしてもらおうとします。

 
 
夜泣き

赤ちゃんが、夜になると泣き出してしまう夜泣きには、きっと何か理由があるはずです。その理由をまずは考えてみましょう。

 
 
夜泣き

生後4か月ごろから始まってくると言われている赤ちゃんの「夜泣き」どうして赤ちゃんが、夜、急に泣き出してしまうのか、理解しておくと慌てなくて済むようになりますよ。では、どうして、夜泣きをするのでしょうか?それは、第一に「どうして欲しいのか」と言うことを口に出して言えないので、泣いてお母さんに訴える行動を起こすのです。例えば、昼間でもお腹がすいた場合、泣いてミルクや母乳を欲しがりますよね?それと同じこ...

 
 
赤ちゃん旅行夜泣き

赤ちゃんの夜泣きの原因に昼間の行動や環境の変化等が挙げられています。例えば、いつもと違った行動をした日や旅行などに行った夜、夜泣きをしませんか?その理由は、いつもはのんびりと過ごして決まった時間にお散歩などに行くのに、いつもよりたくさんの人に会ったり、長時間お出かけしたり、たくさん遊んでもらったりすることで、昼間の興奮状態が夜まで続いてしまったままで寝ることになるからです。また、自分の家ではない場...

 
 

誰しも生まれた時から、個人差があるように、赤ちゃんにも夜泣きをする子、しない子といます。お腹がいっぱいになったらそのまま寝てしまう子とちょっと雑音が聞こえただけで寝きだす子と性格が関係してくると言われています。ただし、性格が関係してくるのは、1歳からであって、一般的には、夜泣きとは関係なく、むしろ夜泣きには体調や親の接し方等が関係してくる可能性があります。赤ちゃんが泣き出す理由は、おむつが汚れて不...

 
 
夜泣き

赤ちゃんが夜泣きをし始めた時、まず最初に取ってしまう行動の中におむつのチェックと授乳がありますよね?つい、添い寝をしているとそのままの状態で、授乳すれば泣き止みそのまま寝てしまう赤ちゃんが多いからだと思います。確かに、泣いている原因が空腹であると言う可能性があります。赤ちゃんは、母乳をしっかり飲んでいない限り空腹だと感じるようです。だから、お腹が満たされると落ち着いて寝てくれるのです。

 
 
夜泣き

赤ちゃんが夜中に泣き出して、いくら何をやってみても泣き止んでくれないというような状態を夜泣きと言いますが、いったい何が原因なのでしょう。生後5~6ヶ月頃からはじまるという風に言われていますが、1歳前後からはじまることも珍しくなく、結局はじまる時期はその子供によってそれぞれのようです。

 
 
夜泣き

赤ちゃんの夜泣きって、お母さんにとっては辛いものですよね?でも、その夜泣きの時間を少しでも短くさせる方法が実はあるのです。

 
 
離乳食

離乳食が始まると同時に赤ちゃんの夜泣きが始まってしまう場合がよくあります。その理由は、赤ちゃんは、消化が1番いいと言われている母乳で今まで過ごしてきているのに、徐々に母乳の量が減り、離乳食へと移行して行くため、どうしても胃腸への負担が増加し、お腹の調子が悪くなってしまいがちになります。

 
 
夜泣き

誰しも生まれた時から個人差があるように、赤ちゃんにも夜泣きをする子としない子がいます。お腹がいっぱいになったらそのまま寝てしまう子とちょっと雑音が聞こえただけで寝きだす子と性格が関係してくると言われています。ただし、性格が関係してくるのは、1歳からであって、一般的には、夜泣きとは関係なく、むしろ夜泣きには体調や親の接し方等が関係してくる可能性があります。

 
 

赤ちゃんが生まれて、大体2か月ごろから始まると言われている夜泣きですが、その原因に人見知りがあります。そして、人見知りを始める時期と言うのは、だいたい4か月前後からと言われています。一般的にお母さんだけが歩いていても声をかけてくる人はいませんが、赤ちゃんがニコニコしている顔を見ると周りの人は、つい「かわいい赤ちゃんが一緒だ」と言うことで、知らない人でも声をかけて来られるようになります。

 
 
赤ちゃん睡眠不足

毎晩のように赤ちゃんが、突然大きな声で泣きだしてしまうとお母さんも寝不足になってしまいますよね?寝不足が続くと、どうしても平常心を失い、つい「どうして泣くの?」「早く泣き止んでよ」と怒鳴ってしまい、かえって、火がついたように泣かれてしまう結果を生んでしまいます。赤ちゃんは、お母さんの精神状態を肌から、言葉から感じ取り、不安になってしまい、ますます泣き止まなくなってしまうのです。

 
 

生後3ヶ月頃から、早い子であれば始まる夜泣き。小さい赤ちゃんとの生活はただ過ごすだけでも気を使うものですが、夜中に頻繁に泣き声によって起こされてしまっては、やはり心にも身体にも大きな負担となってしまいますね。それでも、ちゃんと向き合っていかなくてはならないのがこの問題です。

 
 
夜泣き

生まれてからの赤ちゃんは、まだ生活のリズムが整っていないことがあります。そのため、赤ちゃんによってはお昼寝の時間や夜寝る時間が決まっていないことも少なくありません。できるだけ、寝る時間は決まった時間に設定することが大事です。お昼寝の時間が長すぎることも夜の寝つきが悪かったり、ぐっすり眠れないなどの要因になります。

 
 
夜泣き

夜泣きとは、赤ちゃんが主に夜、原因不明の泣き叫びが長時間続くことです。早い子は生後2ヶ月頃から夜泣きをするようです。私も経験がありますが、0歳児の頃、夜に突然泣き叫んで起き、声をかけても全く聞かず、目をつぶって泣いていました。体調不良なのかと心配にもなりました。夜泣きの原因と思われるものは様々あり、はっきりと原因がわかっていません。「夜泣き」はなぜ起きるのでしょうか?

 
 
夜泣き

赤ちゃんの夜泣きに悩まされているお母さんがたくさんいるはずですよね?夜泣きにはいくつかの原因があります。

 
 
夜泣き

多くのママが悩む夜泣き。私も新生児から2歳前までの間何度か夜泣きに悩みました。日中育児に奮闘し、心身ともに疲れているのにも関わらず、夜泣きで起こされ全然寝られず気づくと朝。というときもあり、辛くて夜中に子どもと一緒に泣いたこともありました。睡眠時間が取れないのはママだけでなく人間にとってとても辛いことです。そんな「夜泣き」について調べてみたいと思います。

 
 
夜泣き

「夜泣きするたびに起きないといけなくて大変」、「睡眠不足がツライ」、「旦那が協力せず熟睡しているのに腹が立った」など、出産前から夜泣きに対して様々な話を耳にすることかと思います。そして、それらの話を聞いて覚悟をしていたつもりだけど、実際に夜泣きする我が子を目の当たりにした時に、思っていた以上の大変さを感じた、たくさん悩んだという方も少なくないと思います。夜泣きにより、体だけではなく心の調子まで崩し...

 
 
夜泣き

毎晩のように夜泣きをする赤ちゃんもいれば、まったく夜泣きをしない赤ちゃんもいます。この個人差は、脳の過活動や機能低下といったアンバランスさから引き起こされます。夜泣きが激しい赤ちゃんは、繊細な心である事が多いです。夜泣きだけでなく、様々な面で繊細な赤ちゃんの育ちを見守る必要があります。

 
 
夜泣き

夜泣きだけでも、大変なのに、癇癪を起こされてしまっては、お母さんもお手上げですよね。よくそこまで泣けるねって感心するぐらい、赤ちゃんは、泣くことがあります。どこか痛いのではないだろうか?と思うほどの泣き声。これが、昼ならまだ耐えられますが、夜だと、お母さんも寝不足になってしまい、精神的にも鬱になってしまいます。

 
 
夜泣き

赤ちゃんの泣き声を聞くだけで焦ってしまう、お母さんやお父さんもいるでしょう。夜に寝ている時に泣き出すと、親は眠たいなか赤ちゃんの世話をしなければいけません。そんな夜泣きに、すぐ抱っこなどしていませんか?抱っこで逆に夜泣きになる可能があることを知っていましたか?

 
 
夜泣き

毎晩続く、激しい夜泣き。いつまで続くのだろうと寝不足の中、頭を抱える新米ママさん。この子はどこかおかしいのだろうか?夜泣きで病院に行ったら笑われるだそうか?このまま様子を見てよいのだろうか?手探りの育児の中で、普通の夜泣きと注意すべき夜泣きの違いは何なのでしょうか。発達障害を抱えたお子さんの中にも、小さいころに激しい夜泣きを経験された方が多くいらっしゃいます。他の子より敏感であるが故の夜泣き。誰に...

 
 
夜泣き

「うえーん!うえーん!」と夜になったら泣き出す3歳のわが子。生まれて夜泣きなどは目立たなかったのに、3歳に入ったあたりから夜泣きが始まったのです。夫婦2人とも共働きで子供の夜泣きの対応に疲れ果ててしまっています。「3歳なら夜泣きとは無縁と思っていたのに、自分の子供がまさに3歳の夜泣きそのものです。今回は、3歳の夜泣きについて記事を書くので参考にしながら子供さんの夜泣きにしっかりと向き合っていただけ...

 
 
夜泣き

2歳ころまでには落ち着くと言われる夜泣き。3歳になってもまだ続くの?と思うことがあります。しかし、3歳の夜泣きはこれまでのものとは性質が違うのです。原因がはっきりしていることがほとんどなので、原因別に対策をして夜泣きの不安をなくしていきましょう。

 
 
夜泣き

一般的に赤ちゃんの夜泣きは生後5か月頃からはじまり、生後8か月~10か月がもっとも激しいといわれています。そして赤ちゃんが1歳を過ぎて歩きはじめると、日中の運動量が増加することで夜にしっかりと眠るようになり、夜泣きがおさまりはじめます。しかしイヤイヤ期にあたる2歳の子供になっても夜泣きが続くことがあり、両親の悩みの種となっています。しかし子供の夜泣きが直らない理由は両親が叱りかたを間違えているせい...

 
 
夜泣き

いつの頃からか始まった子供の夜泣き。新生児の頃は、お腹がすいたのかなと思いますが、離乳食が始まった頃から夜泣きが始まると、一体原因はなんだろうと思いますよね。子供の夜泣きの対応だけで、ママの体力は限界に。もう、夜泣きが減るだけでもずいぶんと助かるのにななんて、大きくなることを指折り数える日々ですよね。ここでは、夜泣きをする根本的な原因を見つめながら、夜泣きをしないための改善策をお伝えしていきます。

 
 
夜泣き

夜泣きには疳の虫が関係していると聞いたことはないでしょうか。赤ちゃんが夜泣きや癇癪を起こす原因として、古くから言い伝えられてきました。疳の虫とはどの様なものなのでしょうか。実際に存在するのか、夜泣きとの関係性、疳の虫の治療法について触れてみたいと思います。