夜泣き

MENU

今赤ちゃんが夜泣きでどうすることもできない時に取れる夜泣き対策の記事一覧です。

夜泣き対策(今すぐ編)記事一覧

 

赤ちゃんはだいたい生後3ヶ月くらいからお昼寝の回数が減り、午前と午後で各1回ずつでも問題ないようになってくると、夜中の授乳の回数も減りますよね。6ヶ月が経つ頃には生活のリズムが安定して、きちんと朝と夜の区別がつくようになる子が多いのですが、この頃から始まるのが「夜泣き」です。「せっかくお父さんやお母さんも夜のまとまった睡眠がとれるようになるな」と安堵する頃に始まるこの夜泣きは、多くのお父さんお母さ...

 
 

0ヶ月の赤ちゃんは睡眠が12時間から20時間とばらつきがありますが、大人よりもたくさん寝ているイメージがあります。しかし、大人のように昼夜のリズムがまだできていないため、夜中でもお構いなしに泣いて周りの大人を起こします。ようやく寝ようと思ったのに火が付いたような赤ちゃんの夜泣きで起こされてしまい、寝るタイミングを失ったという人もいるのではないでしょうか?

 
 
夜泣き

子育てをしていく中で多くのお母さんが苦労するのが赤ちゃんの夜泣きですが、夜泣きの原因というのはどのようなところにあるものなのでしょうか。特に原因が思いつかないというような場合は、おむつを確認してみましょう。赤ちゃんの夜泣きの原因はおむつである、と断定するわけではもちろんありませんが、あまりにひどいようでしたら一度チェックしてあげてみてください。

 
 
夜泣き

赤ちゃんの夜泣きって、お母さんにとっては深刻な問題ですよね?お母さんにとっては、夜泣きが続くと精神的にも肉体的にも疲労が溜まります。それがストレスとなって、赤ちゃんに八つ当たり、もしくは旦那さんにそのイライラをぶつけてしまうことになります。

 
 
夜泣き

子供が2歳くらいから3歳くらいのあいだに、最初は毎日のように1時間から2時間ほど何をしても泣き止まない夜泣きが続きました。昼間も一度泣き出すと何をしても怒って泣き続けるような子でした。昼間は泣くきっかけになったことを解決すれば、何とか落ち着くこともあったのですが、夜泣きはどれだけ抱っこしてもなかなか泣き止まず、どうしていいか分からないままでした。

 
 
夜泣き

赤ちゃんの夜泣きに苦労しているという方は多いですが、泣き止ませるための効果的な方法というのがまったく無いというわけではありません。小さな子であってもいろいろなタイプの子がいますのでどんな子にも等しく効果があるというわけではありませんが、困ってしまった際に試せる方法を紹介したいと思います。

 
 
夜泣き

息子が1歳前後のころ、夜泣きに悩んでいました。当時はアパートに住んでいたので、周囲に迷惑かけているのではないかと心配になり、夜中に車に乗せてドライブしたりもしました。いろいろ悩んだり寝不足になり、精神的にも体力的にもつらい時期はありましたが、しばらくして夜泣きはおさまり、朝までぐっすり眠るようになりました。